初の汁なしに挑戦。福井県2店舗目の二郎系ラーメン「唯我独尊」に行ってきました

2020-05-26

スポンサーリンク

さて、5月4日(木)GW以来の訪問となる「唯我独尊」。
本来であれば、いつもお世話になっている「激盛りらーめん・ゴリラ屋」に訪問する予定だったのですが、店主さんが体調を崩してしまい、来週までお店を開けられないとのことなので、ここは福井の第2店舗目となる「唯我独尊」に行くしかないと決意。

スポンサーリンク

今回は、夜の部の17時30半頃に「唯我独尊」に到着。
コチラの店舗の夜の部の開始は18時からとなるので、30分前に1番乗りで到着です。
本日は気温も相当に高く(約32度)、体全身から滝のような汗を流しながら、入り口の前に待っていましたが、私の体は二郎を欲しているというよりも、とにかく水分を欲していました。
「とりあえず店内に入ったら水を一杯」という気持ちになりながら、一人ぶつぶつと開店を待ちます。

さて、18時ちょうどになり、早速店内に入り食券の購入です。
前回は「ラーメン大」を購入しており、「唯我独尊」の全サイズをコンプリートしていたということもあるので、今回は初の「汁なし」に挑戦です。それに合わせて「麺マシ100g」の食券も購入。
「汁無し」は、麺量が300gで、約2.3人前、値段は830円となります。
そして、併せて購入した「麺マシ100g」は100円となります。

店内に入り、カウンター席にて待つこと約12分で、ようやく「汁なし(400g)」が着丼です。
食べる前に店主からにんにくコールがかかるのですが、これは二郎系ラーメンの定番の呪文ですね。
「にんにく無し、生たまご有り、アブラマシ、カラメ」での注文となります。

遂に唯我独尊初の「汁なし」のお出ましです。
やはり「汁なし」はデフォルトでコショウが多めにかけられるのでしょうか。
それに合わせて七味唐辛子も大量に振り掛けられていますね。
アブラマシも呪文にて唱えてあるため、野菜盛りのてっぺんには大量の背脂がぶっかけられています。

サイドから見るとこんな感じ。
普段見慣れているゴリラ屋のデフォルトと比較すると、ヤサイはやはり少な目に感じますね。

野菜の割合は「もやし8:キャベツ2」でしたが、とにかくもやしが熱過ぎて食べきるのに少々苦戦。しかし、野菜本来の瑞々しさとアブラとコショウのパンチ力が相まって、絶妙なマイルドさとピリピリさが舌の上で交錯します。
このとき、「あっ、水を一杯飲むの忘れてた」と焦り気味になるも、ヤサイの水分量はかなり偉大で、結局最後まで水は一滴も飲むことはありませんでした。
野菜さん、ありがとう。

野菜を9割ほど食べきった後は、ようやく豚の登場です。
今回の豚は、まるで豚の生姜焼きの食べているような感じで若干固め。
豚の上には、大量のコショウが降りかかっていましたが、やはり脂身の強い豚にはこれぐらいのコショウが重要なのでしょうか、全くアブラっ気が無く、気が付けば豚さんは行方不明。
一心不乱に丼の中を探しましたが、豚さんは見当たりませんでした。
豚さん、さようなら。

豚を食した後は、メインとなる麺400gの登場です。
とりあえずルーティン作業となる天地返しを難なくクリアします。
麺をすくい上げたときのずっしりとしたボリューム感と、麺の瑞々しさが食欲をさらに掻き立てます。

麺を拡大してみると、黒いコショウ以外にも焦がしネギが入っていることが確認できますね。
焦がしネギは、香ばしさを演出するだけでなく、アブラっ気の多いスープ等をサッパリさせる効果もあるため、胸焼けの改善にもつながります。
夏場の胸焼けは、自身の免疫力を低下させる恐れもあるとのことで、こういったささやかな工夫はとてもありがたいですね。

そういった様々な工夫が施された400gの麺を、ダイソンの掃除機並の吸引力で平らげていきます。
麺はモチモチでありながら、乳化系スープと絡めて食べるとウマミは2倍にも3倍にも膨れ上がります。私のお腹も2倍にも3倍にも膨れ上がります。

着丼して約8分程度での完食となりましたが、麺量400gと普通ではない量のもあっという間に食べきってしまう程に、計算された美味しさ。
また次回も訪問したいところです。
本日もご馳走様でした。

【場所】
住所:福井県福井市開発2丁目710(越前鉄道「越前開発駅」から292m)
店名:唯我独尊
休日:日曜日
営業時間:11:30~14:00、18:00~21:30
駐車場:店の前に3~4台、その他第2駐車場有(7台程度)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう