禁断のすり鉢に手を出してしまった豚野郎。福井県の二郎系ラーメン「激盛らーめん・ゴリラ屋」に行ってきました

2020-05-26

スポンサーリンク

さて、先々週の土曜日以来の訪問となる「激盛りらーめん・ゴリラ屋」。
先週は、私用で新潟まで移動していたため、ゴリラ屋に訪問することはできませんでしたが、この2週間でゴリラ屋のラーメンを欲する禁断症状に頭を悩ませながら過ごしていました。

「やはり私は、ゴリラ屋が無いと生きていけないんだ。私はゴリラ屋に依存しているんだ。マンセーゴリラ屋」と心に深く刻み込みながら店舗を前にして看板を撮影し、若干不安定な精神を落ち着かせるわけですね。

スポンサーリンク

今回、店舗に到着したのは午後16時40分と、夜の部が開店する20分前。
先客はおらず、私が一番乗りで入口の前で待機。
やはり夜の部は、18時過ぎるまではそこまで人は多くないという印象で、これからは夜の部に訪問しようかと色々考えていると、気が付けば時間は17時5分前で、既に後ろには5人ほど並んでいました。私の独り言が聞こえていなかったか非常に不安です。

ようやく17時となり、夜の部がオープンします。
まずは店舗に入って食券の購入です。
本日は、約2年ぶりとなる激盛り+αを食したいという想いから「ラーメン激(水色)」と100円での麺マシ(+100g)を注文。
ゴリラ屋では、「汁なし」と「らーめん激」だけ麺の量を増やす”麺マシ”というシステムがあります。
「汁なし」はデフォルトの麺量が300g(850円)なので、50円で100gマシ可、100円で何gでも麺マシが可能(1kgマシも可)。
今回、麺マシする「ラーメン激」は、デフォルトの麺量が500gなので、こちらを100円で100gの麺マシを行うため総量は600gとなります。
ちなみに、麺量が500gを超えると、器は”激”専用から”大きなすり鉢”へとレベルアップします。

店舗に入って15分程で「ラーメン激(500g)+麺マシ100g」が着丼です。
食べる前に店主からにんにくコールがかかるのですが、これは二郎系ラーメンの定番の呪文ですね。
「にんにくあり、ヤサイ少なめ、アブラマシ、カラメ」での注文です。

遂にすり鉢の登場です。2年ぶりの対面となります。
器があまりにも大きすぎて、何だか中身が非常に少なく見えますが、それは錯覚です。
ここはゴリラ屋。少ない量など有り得ません。そう、すり鉢の中には麺量が600gもあるのです。

サイドから見てみるとこんな感じ。
やはり器があまりにも大きすぎて中身のインパクトをお伝えすることが難しいですが、とりあえず隣に座っていた3人組のイケメン男性達はドン引き。
彼らの突き刺さる視線に心を痛めながらも、一気に食していきます。

今回は「もやし8:キャベツ2」という割合で、野菜は基本的にクタクタ系。
熱々&瑞々しいもやしを勢いよく口の中に頬張り、若干を舌をヤケドさせながらも、これがゴリラ屋の愛情だと受け取り、約20秒で野菜を完食。

野菜がある程度無くなったら、次はゴリラ屋恒例の丸太豚の登場です。
今回は直径約15センチ・厚み3センチ程のドデカイ豚でしたが、箸を入れた瞬間にすぐに崩れてしまう程に超ホロホロ系。
まるでトロトロの脂身を食べているような感覚で、口の中に入れた瞬間にすぐに溶けてしまう程にしっかりと火が通っています。

「この豚は絶対誰にも渡すものか。」と若干凶悪な表情を浮かべながら豚を食べていきます。
隣のイケメン男性客がわたしの凶悪な表情を見て更にドン引きしていることがわかります。
そんなことは気にしませんよイケメン君。お願いだからそれ以上私の心を痛め付けないで・・・。

更に傷心気味の私を癒してくれるのが、にんにくと豚のコラボ。
ホロホロかつジューシーで甘みのある豚に、辛みのあるにんにくの刺激が絶妙なハーモニーを奏でます。これはまさに神ってます。
瀕死気味になっていた私にエリクサーが投与され、完全無敵状態となります。

さて、豚が無くなってしまいました。
つい数秒前まで無敵状態だった私は、また瀕死状態に戻ります。
ここで登場するのが、麺600gです。

大型のすり鉢なので、豪快に天地返しを行います。
せっかくのすり鉢なので、いつもより大目に天地返しを行います。
その天地返しを見た隣のイケメン男性。相変わらずドン引きしていますね。
わかってますよイケメン君。もうフェニックスの尾を使わないと死んじゃいますよ私。

さて、4度に渡る天地返しを行った後は、麺に大量のコショウをかけて一気に食らいつきましょう。
麺は極太系でありながら、モチモチかつ瑞々しさもあり、麺の芯までトンコツ醤油のコクが染み渡っています。
これはもう止まりません。止められません。麺が見る見るうちに無くなっていきます。

気が付けば600gの麺量も残り100g程に。
私の心の中でエンドロールが流れます。今日までの2週間、禁断症状と闘いながら突っ走ってきました。頭の中で「サライ」が流れています。
少し早いですが、24時間テレビのエンディングを迎えています。
涙と鼻水をダラダラ流しながら、残りの麺を勢いよく食していきます。
「もうすぐ麺が無くなってしまう・・・次はいつ食べられるのだろう・・・」と不安になりながら一気に食べていきます。
やはり勢いは全くは止まりませんでした。それだけこのゴリラ屋のラーメンは全く飽きずに、食べれば食べる程に深みのある味わいを得ることができるのです。

着丼してからちょうど10分での完食となりましたが、約2年ぶりのすり鉢は最高でしたね。
また頃合いを見て、すり鉢に挑戦したいと思います。
本日もご馳走様でした。

【場所】
住所:福井県福井市文京4丁目2-3(越前鉄道「福大前西福井駅」すぐ近く)
店名:激盛らーめん・ゴリラ屋
休日:水曜午後の部、日、祝日
営業時間:11:30~14:00、17:00~22:00(材料が無くなり次第終了)
駐車場:店の前に3~4台、その他第2駐車場有(4~5台程度)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう