レクサス「RC」が一部改良へ。ナビゲーション画面拡大、ターボモデルの型式も変更へ

2020-05-27

レクサスの2ドア・4シータクーペモデルの「RC」が一部改良へ。
日本国内においても近日中に発表されるかと思いますが、基本的なパワートレインや外観のデザイン変更は無いものの、インテリアや型式、安全装備の標準化等が付加されることとなります。


まず、型式の変更については、レクサスのターボモデル「RC200t」が「RC300」へと変更されます。
これは他のターボモデル「NX300/GS300」(後の「IS200t/RX200t」も対象)と同様で、パワートレイン排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンは、排気量3.0L V型6気筒エンジンと同様のパワーを意味することから変更の対象となります。それ以外の「RC300h/RC350」は変更なし。
ちなみに、最高出力245ps、最大トルク350Nmは変わらずとなります。

もう一つの改良としては、室内のナビゲーション画面の拡大化。
今回の「CT」や「NX」のマイナーチェンジにより、7インチのナビゲーション画面を備えるのは「RCシリーズ」(厳密にいうと「HS」もですが)のみとなりました。
今回の一部改良により、「RCシリーズ」(恐らく「RC F」)も7インチ→10.3インチへと(横長に)拡大し、より利便性を向上することが可能となります。
なお、その他にもレクサスの予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」も標準装備されるため、今回のモデルの対象の「RC」もようやくといったところですね。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう