燃費記録。レクサス「CT200h F SPORT」172回目給油 2017年12月18日(月)

2020-05-26

※これまで燃費記録は、みんカラの燃費記録にて保存してきたのですが、みんカラ運営よりアカウント強制削除されたことにより、今後はこちらへの燃費記録の投稿となります。
ただし、みんカラの投稿履歴から給油回数の記録が残っていましたので、給油回数はそのまま継続した形にて投稿させていただきます。


レクサス「CT200h F SPORT」が2017年12月18日(月)に172回目の給油を迎えました。
燃費記録は以下の通りとなります。

【燃費記録】
走行距離:939.1km
総走行距離:166039.0km
給油量:47.41L
実燃費:19.81km/L
燃料タイプ:レギュラー
燃料単価:135円

【燃費記録考察】
172回目の燃費記録。
前回給油が12/12(火)だったので、今回は6日目にしての給油となりました。
今回からスタッドレスタイヤを装着しての燃費記録となります。
前回の燃費記録に比べると、明らかに燃費が向上しているように見えますが、この理由としては、私の地域では雪が20cm以上の豪雪を記録しており、しかしその一方で除雪スキルは相当に高い地域でもある(中央線や歩道側に塩カル付の融雪機・スプリンクラーが設けられ、雪がすぐに溶ける)ため、極力スリップを回避しての走行が可能となっているわけですが、これによりアクセルを踏み込むことができないため、常に法定速度より数キロ程度遅いスピードにて走行することに。
水面や雪を蹴っての走行となるため、どうしても転がり抵抗が高くなってしまうという問題は有りますが、アクセルの踏み過ぎによる燃費悪化に比べたらその差は歴然。
結果として、ワンタンクにて約940km走行できたため、もしかしすると、走り方をもう少し考えればワンタンク1,000km走行も可能かもしれません。

今回も長距離移動(往復400km)が日にちを跨いで行われ、要所要所で距離を重ねたこともあって6日目での給油となりました。
今回は全て下道走行となりましたが、やはり走行する時間帯は早朝か深夜の両方。
今のところ、路面が凍結するような場面に遭遇していないため、何とか事故は未然に回避できていますが、これから雪が凍り始め、路面が凍結し事故が起きやすくなるため、日々安全運転を心掛けたいところですね。

今回も福井~京都~兵庫~京都~福井といった遠方コースを2往復。
給油する必要もなく余裕で走行できるのはハイブリッドのありがたいところ。
なお、給油警告灯が付き始めたときの走行距離は700kmを記録していたので、そこから更に約240km走行しましたが、ガス欠の心配は全く無し(給油量も44.41Lであったため、自身の経験則から行くと給油口ギリギリまで投入すれば最大約48Lは給油できる)。

今回、パネル表示上の給油後平均燃費は20.9km/Lを記録。
ちなみに、パネル表示上の燃費は20.9m/Lに対して、実燃費は19.81km/Lであったため、ー1.09km/Lと少し大きめの誤差となりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう