汁なしBPマシマシでゲフゲフ蒸せる豚野郎。福井県の二郎系ラーメン「激盛らーめん・ゴリラ屋」に行ってきました

2020-05-26

夜の豚野郎は長い。今から大量の”黒い粉”を摂取する

最後に訪問して1週間も経たずしての激盛りらーめんゴリラ屋に再訪。
会社を独立してから月1ペースで行けるかもわからなかった豚野郎ですが、ここに来て怒涛のゴリラ屋ラッシュとなっています。
しかもかなり久々の夜の部に訪問です。
紅に染まった看板がライトアップされ、慰める奴はもういない。
もう二度と届かないこの想い。閉ざされた愛に向かい、さぁ…イカンイカン。あやうく店舗の前で某ヴィジュアル系バンドの「紅」を熱唱するところだった。
私は空を飛べる豚、そう「紅の豚野郎」、既にテンションはマックス状態でいざ店舗へ!

あっ、いつもの一礼と写真撮るの忘れてた。

今回は禁断症状の”黒い粉”を欲する日なので…

今回店舗に到着したのは、20時40分頃と夜の部が閉店する1時間20分前。
先客が6名でしたが、問題なくカウンター席に座れる状態でした。

まずは券売機の前に立って、食券を購入です。
今回購入したのは、僅か850円で私の心を常日頃癒してくれる「汁なし(白色)」。
この食券の色を見ると、自然と口から涎が出てしまい、”あの粉”の存在を思い出してしまいます。
そう、私は良い感じでキメ込んでいたのです。
養豚場にも居ないような凶悪な面をしたイカレ豚野郎。
周りから冷たい視線をうけながら、何とか平静を装ってカウンター席に着きます。

※ゴリラ屋では、「汁なし」と「らーめん激」だけ麺の量を増やす”麺マシ”というシステムがあります。
「汁なし」はデフォルトの麺量が300g(850円)なので、50円で100gマシ可、100円で何gでも麺マシが可能(1kgマシも可)。
ちなみに「らーめん激」はデフォルトの麺量が500gなので、こちらも100円で何gでも麺マシが可能です。

「ぐへへへへっへへ、黒い粉だ、黒い粉だ!」と不気味な独り言を唱えるイカレ豚野郎。
隣に座っていたメガネをかけたふくよかな男性(若干 芋洗坂係長似)が、不審に感じたのか自然と私から席を離していきます。

「ヘイ!イモアライボーイ、何でそんなに私から遠ざかろうとするんだい?ここはゴリラ屋。自分の個性を発揮するための最大の見せ場なのだよ?君も歌って踊ってみたまえ!」と強気な姿勢等見せることなく、若干体を身ごもるような感じで「汁なし」を待ちます。

気が付けば13分が経過し「汁なし(麺300g)」が着丼です。
食べる前に店主からにんにくと生卵コールがかかるのですが、これは二郎系ラーメンの定番の呪文ですね。「汁なし」では生卵も無料でトッピング可能です。
「にんにく有り&生卵有り、ヤサイ少なめ、コショウマシマシ、カラメマシマシ」での注文です。

待望のBPマシマシ着丼。黒い粉にまみれた至極の一杯

豚野郎「キィィィイイイイイイイエエエエエエエエエエエ!!!!!」
黒い粉(ブラックペッパー)が大量にまぶされた汁無しが着丼した瞬間、私の中で自制していた豚心が全て解き放たれました。
完全規格外ともいえるブラックペッパー(略称BP)の海が、「汁なし」を世界百景並みに美しく仕上げています。

これを食べずしていつ食べる?既に私は限界、いざ食べようぞ!

サイドから見てみるとこんな感じ。
コショウ(BPもしくは黒い粉)をマシマシにしたことで、あの丸太豚も黒い粉だらけでよくわからない状態に。
白い粉でおなじみのにんにくも、”黒い粉”と合わさることで更にパンチ力アップ。これはもうキメ込むしかありません。
とりあえず野菜を食して行きましょう。

豚野郎「あれ?どれが野菜だ?」と言わんばかりに黒い粉にまみれた野菜たち。
ちなみに、上の写真中央にある丸いものは生卵ですよ。えぇ、はい。
やはりこの粉と野菜の相性は抜群ですね。割合的には「もやし8:キャベツ2」といったところでしょうか。
野菜の甘みともやしのしゃきしゃき感に加えて、強烈ともいえるコショウのスパイスがマッチします。ただ、今回は異常ともいえる量のコショウが振りかかっているので、口の中に入れるたびにとにかく蒸せるの何の。
ぶっちゃけ食べにくいというのはあるんですが、今回コショウマシマシにしたのは、口の中に一気に流し込んだ時の蒸せる感覚を堪能したかったから。

・・・何やら気持ち悪いことを言ってしまった豚野郎。発した言葉を撤回することはできないぞ?
それでも大丈夫か?きっと誰にも理解してくれないだろうとは思っています。
ですが、ここはゴリラ屋。自分の個性を最大限に発揮する憩いの場です。
例え私の居場所が無かったとしても、ゴリラ屋だけは私を全力で受け止めてくれます。
「そうだろう?イモアライボーイ!」
あっ、すんごい引いた目でを私を見てる…
気が付けば野菜は15秒にて完食です。

人生の縮図ともいえる丸太豚。黒い粉で更に凶暴に

ゴリラ屋名物「丸太豚 with B(P)」の登場です。
今回の豚もかなりヤバいですよ~。
直径15センチ程で、厚みは概ね3.5センチ。もはやステーキとブロックの塊といってもおかしくないのですが、やはりここに加わる大量のコショウのインパクトは強烈すぎますね。

豚本来の大量のアブラと甘味に加えて、この蒸せ返るほどに振りかざした大量のコショウによって辛さが際立つのですが、全く不快に感じず、むしろ「快感」とまで思えてしまう程にウマシ!
豚を口の中に入れればすぐに溶ける最高のホロホロ具合ですし、カラメダブルで攻め込んだ醤油のカネシが強烈にきいて、口の中が大変なことになっています。

あっ、ヤバい蒸せたゲフッゲフッ!

若干鼻からもやしが出てきてしまった豚野郎。隣のイモアライボーイもドン引きしながらガン見しています。
もう後には引き返せません。とりあえず丸太豚は20秒にて完食です。

神のお告げが聞こえてくる残り麺300g

残りはまさかの麺300gのみ。
私の最高の独り舞台も残りあとわずか。
この舞台から降りたくない。例えアンコールが無くとも、「帰れ」コールがあったとしても、私は絶対に逃げない。
気合いの天地返しで麺を味わうぞ!

あっ!折角残してた生卵が潰れて丼の底に隠れた!

一気にテンションだだ下がりの豚野郎。
マイルドな卵と強烈なコショウと醤油がきいた麺とのハーモニーを味わおうとするも失敗。
ですが私はこれでへこたれませんよ。
麺は私を裏切らない。
勢いよく極太麺をすすります!

ぐほっ!またもや大量のコショウで蒸せてしまった!

しかしながら、何だこの美味すぎる麺は。
醤油とトンコツのダシが麺の芯にまで行き届き、噛めば噛むほど強烈な風味が鼻から抜けていきます。
ここにコショウのアクセントが上乗せされて更に旨味が増します。たまらんですよコレ。
気が付けば300gの麺は一気に消失。

コショウマシマシは特別な訓練が必要です

今回最短記録ともいえる約4分30秒での完食となりました。
黒い粉のインパクトはもちろんですが、醤油辛さとの相乗効果により食欲が尽きることも無く、食べ終わったあとでも「もう一杯食べたい」と思えてしまうほどの完成度の高さ。
ただ、一見でいきなりコショウマシマシにしてしまうと、その強烈なスパイスが舌やお腹の中でヒリヒリとしてしまうため、食べ慣れていないと体を壊してしまうかもしれません(ここだけの真面目な豚野郎話)。
なので、最初はデフォルトのコショウアリ→2回目はコショウマシ→3回目はコショウマシマシと段階を経て食べた方が良いかもしれません。デフォルトでも十分すぎる位のインパクトですからね。
またコショウマシマシに挑戦したいと思います。
本日もご馳走様でした。

激盛りらーめん・ゴリラ屋はココにある

【場所】
住所:福井県福井市文京4丁目2-3(越前鉄道「福大前西福井駅」すぐ近く)
店名:激盛らーめん・ゴリラ屋
休日:日、祝日
営業時間:11:30~14:00、17:00~22:00(材料が無くなり次第終了)
駐車場:店の前に3~4台、その他第2駐車場有(4~5台程度)


ゴリラ屋訪問歴はコチラにてまとめております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう