シャシーナンバーは”911”。シグナルイエローのポルシェ「カレラGT」が約1.3億円にて販売中

2020-05-26

スポンサーリンク

ある意味”世界に一台だけ”の「カレラGT」が登場

ポルシェのスーパースポーツモデル「カレラGT」が中古市場にて販売中。
「カレラGT」は、1998年にル・マン24時間耐久レースにて優勝した「911GT1」をフォローアップし、2000年にパリモーターショーにてコンセプトモデルとして登場した個体で、当時スーパーカーのメインストリームである大排気量の5.7L V型10気筒エンジンを搭載し、最高出力612ps、最大トルク590Nmを発揮します。

スポンサーリンク


生産台数は1,500台でしたが、これだけの性能で5,000万円以上と高額であることから中々売れず、結果的に1,270台(その内アメリカは671台)で生産中止となりました。

運命を感じる”911”

今回アメリカにて販売されている個体は、シャシーナンバーは”0911”と、何か運命を感じる一台でもありますね(ある意味ここにプレミア価値がついているのかもしれない)。
ボディカラーは特別なシグナルイエローにて塗装されていますが、全く走らせていない?と勘違いしてしまうほどに、傷一つ無い極上品となっています(それでも走行距離は約1.1万km走行済み)。

リヤバンパーやマフラ周りも傷は無く、ほぼほぼ新品状態の美しさを持ちます。
これは購入しても積極的に走らせにくい一台ですね。
なお、この個体の中古車販売価格は約1.3億円と非常に高額。新車販売価格の2倍以上となっていますが、その希少性の高さとシャシーナンバーが”911”というところで相当に価値を高めたのかもしれません。

☆★☆「カレラGT」関連記事3選はコチラ!☆★☆

低走行&ランボルギーニカラーのポルシェ「カレラGT」が販売中。価格は新車価格の3倍以上となる約1.7億円から(2018/5/19投稿)
幻のスーパーカー。ドイツにて、イエローのポルシェ「カレラGT」が目撃に(2017/6/14投稿)
唯一のV10エンジン。ギリシャにて、かなり希少なポルシェ「カレラGT」が目撃に。(2017/5/2投稿)
オランダにて、積車にて積まれたポルシェ「カレラGT」と「911GT3RS」×2(2017/5/27投稿)
これがポルシェのドーナツターンだ。「カレラGT」にてその技術を披露【動画有】(2018/3/24投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう