【レンダリング】マセラティが本気出せば売れるかも?競争率の高いコンパクトSUV「カリフ」のデザインを公開

2020-05-27

マセラティのコンパクトSUVはこうなる?

マセラティといえば、3年前に同社初のSUVモデル「レヴァンテ」を発表し、ポルシェ「カイエン」やメルセデスベンツ「GLE」、BMW「X5/X6」といったモデルを競合としながらも様々なグレードをラインナップしてきました。
マセラティが競合とするメーカーたちは、顧客のニーズに応えるためによりコンパクトなSUVモデルを発表していますが、実はマセラティも更にコンパクトなSUVモデル「カリフ(Karif)」を密かに計画しており、そのレンダリングも作成しているとのこと。


売れるには価格設定が重要?

今回公開されているレンダリングは、デジタルアーティストのVito Possidente氏が作成したもので、「カリフ」と呼ばれる個体はその名の通り、非常にダイナミックな外観を持ちながらも、フロントのヘッドライトはスリムで釣り上げられ、その下にはまるで日産「ジューク」のようなフロントフォグランプが設けられています。

その他には、アグレッシブスタイルのフロントエプロンやフード、ワイドフェンダー、曲線的なリヤエンド、傾斜したルーフライン、大口径アルミホイールを装着しています。
このモデルは、ポルシェ「マカン」(約700万円~)やメルセデスベンツ「GLC/GLCクーペ」(約600万円~)、BMW「X3/X4」(約650万円)といった競争率の高いモデル達を相手にしますが、やはり最も気になるのは価格帯。

上記競合モデルたちを相手にするなれば、ポルシェを除いて700万円以上の価格帯は相当なブランド力が無い限り難しく、ましてや「レヴァンテ」にて過去最高の売り上げ実績を得ようとして失敗した経験から、ある程度のパーツのチープ化は否めませんし、個人的にはマセラティの基本デザインを完全に崩すかのような独創性を持たせることも重要かもしれません。

☆★☆マセラティ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう