やっぱり出てきた。トヨタ・新型「スープラ」をオープン仕様にしてみたら?というレンダリングが公開…これってもうBMW「Z4」じゃね?

2020-05-27

案の定出てきたオープンモデルの新型「スープラ」

先日の1月14日より開催中のアメリカ・デトロイトモーターショー2019にて、トヨタが世界初公開した2ドアスポーツクーペ・新型「スープラ」。
既に欧州仕様やアメリカ仕様、日本仕様と様々なグレード、限定モデル等が発表されていますが、その中で早くもデジタルアーティストによるレンダリングが公開されています。


「スープラ」をオープンにしてしまったら「スープラ」本来の特徴が…

今回レンダリングを担当したのは、既存モデルをクーペ版やオープン版、そして様々なスタイリングへと自在に変化させてきたX-TomiDesign氏で、今回はクーペ版「スープラ」をオープン仕様にした「スープラ・カブリオレ」を公開しています。

「スープラ」といえば、前世代のルーフパネルを取外し可能とした派生版を販売したことがありますが、今回のモデルは自動開閉を可能とするモデルとのことですが、チャリティーオークション等で特別に一台だけ製作されそうな予感はしますが、ただ、このモデルをオープン仕様にしてしまったら、共同開発を行ったBMW「Z4」と同じじゃね?と思ってしまうのが正直なところです。
なお、パワートレインは排気量3.0L BMW製の直列6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載しますが、改めて言っちゃいますが…やっぱりBMW「Z4」じゃね?

ちなみに、過去には「86」のオープンモデルも公開されたことがあり、これを更にポルシェ「918スパイダー」チックに高級感とアダルティさを追求した「86×style Cb」を東京オートサロン2014にて出展したこともありましたね。

☆★☆「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう