リバティーウォークがダッジ「チャレンジャー」を過激カスタム。各種カスタムパーツを装備するのにどれだけの費用が発生する?

2020-05-27

~「チャレンジャー」専用カスタムキットが公開。ところでカスタムパーツってどれぐらいかかるの?~

日本を代表する過激チューナのリバティーウォーク(LB Performance)が、アメリカンマッスルカーの代表格ともいえるダッジ「チャレンジャー」を過激カスタム。
”日本の暴走族”を基本コンセプトにしているリバティーウォークですが、今回のモデルもガッツリと足回りがイジられ、チューナーのシンボルともいえる外付けリベット留めのオーバーフェンダー、そしてダイナミックな極太大口径アルミホイールを装着しています。

インターネットや動画サイトなどでも多く見かけるリバティーウォークカスタムのスーパーカーやアメ車、そして国産モデルですが、そもそもこういったカスタムパーツの価格(海外市場価格)ってどれぐらいかかるものなのでしょうか?
早速チェックしていきましょう。


~とりあえずカスタムはそんな簡単にできるほどの費用ではない~

まず、「チャレンジャー」の表情をイカつくさせるフロントリップスポイラーですが、このパーツだけで約11万円程。
パーツの素材としては、そのカスタムモデルによってFRPやCFRPがラインナップされていますが、今回準備されているパーツはFRPだと推測。

続いてリヤデザインを見ていくと、スポーティで暴走族っぽい印象を強くするダックテールスポイラーですが、これはフロントリップスポイラー同様に約11万円程。
こちらも、FRPやCFRPの2種類がラインアップされるケースが多いものの、今回も恐らくFRPだけだと思われますね。
ただ、このパーツを装着することによって空力特性が大幅に向上するかと言われると、その真偽は不明なままと言われています。

続いてはスタンスな足回りを印象付けるエアサスペンションですが、これは「チャレンジャー」のカスタムの中で最も高価な約90万円となっていますね。
工賃費用も含めると100万円近くになるとは思いますが…

そしてこちらは20インチの大口径アルミホイールとPIRELLI P ZEROのホワイトレタリング付となるタイヤセット。
アルミホイールは、リバティーウォーク製ではなく社外製ホイールとなるため価格は不明ですが、これも種類によってエアサスペンション同様に4本セットで100万円程になることも稀ではありません。
こうしてカスタムするだけでも、今回の「チャレンジャー」のようにワイドボディキット分の金額を含めないだけでも約140万円以上は発生するため、トータル分で見ると約280万以上とコンパクトカーが購入できるほど高価であることがわかりますね。

☆★☆「チャレンジャー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう