福井駅前メッセ2019に行ってきた!何とブガッティ「ヴェイロン」並みのパワーとトップスピードを持つ「GT-R」も登場!【動画有】

2020-05-27

~もはや常軌を逸したチューニングモデルばかりが大集合~

5月23日(木)~5月26日(日)までの4日間、JR福井駅前・ハピリン広場にて開催されているフェニックスパワー主催のチューニングカー祭典「福井駅前メッセ2019」に行ってきました。

コチラのチューニング祭典では、HKSやTRUST、BLITZ、TOMEI、SARD、APEXi、BBS、RAYS、YOKOHAMA、BRIDGESTONE、ミシュラン、ENDLESSといった有名なアフターパーツメーカやチューナーによってカスタム・改造が施されたデモカーが一斉に展示されたイベントで、本来であればこういったイベントは関西や関東ではイベントホールを貸し切り、入場料を支払うスタンスとなりますが、このイベントではまさかの無料。
今年で3回目となる福井駅前メッセ2019ですが、こんな贅沢なイベントは中々ないですし、かなり見ごたえのある内容になっているのではないかと思います。

最後は大人気モデルとなるホンダ「シビック・タイプR」や日産「GT-R R35」、トヨタ「86(ハチロク)」のカスタムモデルが大集合。
どんなチューニングモデルが出展されていたのか、早速チェックしていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~早速チューニングカーを見ていこう~

ホンダ「シビック・タイプR」

まずはホンダ・新型「シビック・タイプR」。
ワークス社の開発第一号とのこと。
SEIBON社製のカーボンファイバ製フロントリップやサイドステップ、フロントボンネット、リヤアンダーが装備され、よりスポーティでブラックな印象を強く与える一台に。

足もとにはレイズ製のフロント・リヤ共通となる20インチアルミホイールを装着。
更には純正のブレンボブレーキを取っ払い、代わりとしてエンドレス製モノブロックブレーキ+エスベリア製スーパーダウンサスをインストール。
その他には、APEX製スポーツエキゾーストパイプやオイルクーラーキットを装備しています。

パワートレインについては、排気量2.0L 直列4気筒VTECターボエンジンはそのままに、アプリケーションCPUセットアップにより、最高出力410ps/最大トルク525Nmにまで引き上げています。

トヨタ「86」

続いてはかなり過激なトヨタ「86」。
何と最高時速319.03km/hにまで到達し、日本最速記録を保持する一台とのこと。
外観は、トップスピードをクリアするために開発されたイングス社製のフロントバンパーやフェンダー、カーボンボンネット、サイドステップ、リヤバンパーが一式にて装着されていますね。

パワートレインは、排気量2.0L→2.2Lまでアップグレードした水平対向4気筒エンジンを搭載し、アプリケーションCPUセットアップによって最高出力565ps/最大トルク608Nmまで引き上げられています。

日産「GT-R R35」Part1

やっぱり出てきた日産「GT-R R35」。
今回の福井駅前メッセ2019では、そのほとんどが日産「GT-R R35」だったように感じられます。
外観は、公道やサーキットでも両立できる過激なエクステリアキットを装着し、エンジンも排気量4.0Lまでアップグレードすることにより、最高出力1,018ps/最大トルク1,311Nmまで過激にアップしています。

このモデルでドラッグレースに挑戦すれば、大体の国産モデルに圧勝することができそうですね(もしかするとドラッグレースの帝王マクラーレン「720S」にも勝てるかも?)。

日産「GT-R R35」Part2

最後はやっぱり日産「GT-R R35」。
実はこのモデル、トップスピード400km/hを目標とする過激なチューニングモデルで、最高出力や最大トルクは現在調整中のためデータ無し。
最低でも1,200ps以上を発揮するものと思われ、あのブガッティ「ヴェイロン・スーパースポーツ」に匹敵するレベルかもしれません。
いつ頃完成するかは不明ですが、是非とも国産モデル最速の一台を作り上げて欲しいところです!

【20190525_福井駅前メッセ2019(ハピリン広場)に行ってきた!日産「GT-R」・トヨタ「スープラ/MR2/ヴェルファイア/アルファード」】

☆★☆イベント・オフ会等関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう