フェラーリ「テスタロッサ」が置いてある群馬県のラブホテル「メルヘンの森」はココだ!宿泊費僅か9,000円で「テスタロッサ」と過ごせる夢のひと時

2020-05-27

~遂に「テスタロッサ」があるラブホの秘密が明らかに!~

以前、当ブログでもご紹介した群馬県北群馬郡にあるラブホテル「メルヘンの森パートⅡ」。
こちらのホテルには、フェラーリのV12エンジン搭載モデル「テスタロッサ(Ferrari Testarossa)」が置かれた”フェラーリ部屋”が存在しているということで、以前からかなり気になっていたスポットでもあったのですが、遂にその魅惑のホテルに訪問されたユーザーが登場(画像を提供いただいたP様には心より感謝申し上げます!)。

早速どんな部屋なのか、一部ご紹介していきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

まずは上の画像の通り入口から。
部屋番号は「117」で、右側にはしっかりと「フェラーリ・ルーム」の看板が貼付されていますね。
その下にはフェラーリルームの一室が公開されており、休憩が6,500円(フリータイム3時間休憩)、宿泊が9,000円というシステムに。

個人的には宿泊費9,000円を支払うだけで「テスタロッサ」と一夜を過ごせるというのは贅沢なことだと思っていて、こういったスーパーカーとコラボした宿泊施設はほとんど無いので是非とも一度訪問してみたいところ。


~遂に禁断のフェラーリ・ルームへ!~

気になる部屋の中はこんな感じ。
ダブルベッド沿いにはフェラーリの象徴でもある跳ね馬(プランシングホース)と”Ferrari”のロゴが。かなり胸をアツくする演出ですね。

そしてその奥にはしっかりとレッドカラーの「テスタロッサ」が鎮座。
この角度からですと少し見にくいかもしれませんが、どうやら「テスタロッサ」は丸々一台部屋の中に収納されているようです。

ロックも解除されているので、車内に入ることも可能。
ですが、あまりにも乱用されてしまったのか、フロントガラスにはヒビが入っているとの情報も入ってきています(どうか優しくしてあげてください)。

このラブホテルを経営するオーナーは相当なフェラーリ好きなのだと思うのですが、さすがにフロントガラスのヒビを見たらショックを受けるでしょうね…

「テスタロッサ」付近には何とフェラーリF1や、これまでのフェラーリの歴史を物語る写真とフラッグも。

~その他は至って普通~

浴室はこんな感じで非常にシンプル。
個人的には浴室からも「テスタロッサ」が眺めるような設計にしてもらえたら言うことなしだと思います。

建物名:メルヘンの森パートⅡ
住所:〒370-3606 群馬県北群馬郡吉岡町大字上野田3379−1
電話番号:0279-54-1744