族車と戦闘機を融合した過激スタイル。岐阜県・各務原まつり2019にてリバティーウォークが出展したランボルギーニやフェラーリを見ていこう【動画有】

2020-05-27

~どのイベントに行ってもリバティーウォークは老若男女問わず大人気だった件~

本日9月15日(日)、各務原商工会議所青年部主催による、スーパーカーと自衛隊・戦闘機のコラボイベント「各務原まつり2019」に行ってきました。
既に当ブログにて、イベントにて展示された各種スーパーカーをダイジェストにて公開してきましたが、今回はエリア別に公開。

今回は、本イベントを大いに盛り上げたリバティーウォーク(Liberty Walk)エリアのランボルギーニやフェラーリ、マクラーレン、日産等を見ていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~早速展示されていたモデル達を見ていこう~

まずはリバティーウォークを象徴させる一台となったマクラーレン。
イエローのボディカラーをベースにグリーンのセンターストライプが印象的です。

外観のフロントボンネットには、2つのボコッとしたダクトが設けられていることから、世界限定375台のみ販売された「P1」っぽいデザインにも見えますが、モデルベースはスーパーシリーズ「650S」となっています。

フロント・リヤフェンダーは、純正パネルを完全にブッタ切って外付けリベット留めのオーバーフェンダを装着。
ホイールはForgiato製となるブラックペイント処理された大口径アルミホイールが装着されていますね。

リヤエンドはこんな感じ。
リヤエンドから装着された大型リヤウィングや、「650S」の名残がしっかりと残ったリヤテールランプの組合せはバッチリ。

ここからはランボルギーニ「アヴェンタドール」ラッシュ。
まずはブルーのボディカラーにブラックのフードでメリハリをつけた一台。

イメージはやはり戦闘機風だと思いますが、元々のコンセプトであるシャコタン&族車スタイルはしっかりと残されています。

手前からホワイト、そしてレッドの「アヴェンタドール」。
今回のイベントでは圧倒的多数で「アヴェンタドール」が多かったように感じられます。

これもかなりヤバそうな「アヴェンタドール」。
パープルカラーの個体は中々見ないので、今回のイベントではかなり新鮮味があったように感じました。

そしてリバティーウォークでは圧倒的な注目を受けたガルフカラーとマルティーニカラーの「アヴェンタドール」コンボ。

特別に運転席に座らせていただきましたが、やはりその視界は非常に狭く、とにかく狭いことなんの。
シートに座る際に頭をぶつけてしまいました…すみません。

キッズとマルティーニカラーの「アヴェンタドール」。
良い感じで決まってます。

ここからはフェラーリ「458イタリア」コンボ。
「ラ・フェラーリ」風のフロントバンパーを装着した最新のワイドボディキットとなりますね。

フロントフードのプレスラインもそうですが、ダクトの作り方がとにかくエグイこと。

こちらは戦闘機カラーのラッピングを施した「ラ・フェラーリ」風の「458イタリア」。

見てくださいこの迫力!
「何見とんじゃい!」と眉間にシワを寄せながら完全にガン飛ばしてますよね。
軽く着地してる感もありますが。

こちらはポルシェ「911」のオーバーフェンダー仕様。
何故かジャッキアップされている不思議な光景。

こちらも戦闘機風の日産「GT-R R35」。
リバティーウォーク仕様のR35も増えましたが、やはりこのスタイルはどこか安定しているようにも見えます。

最後はやっぱり登場した光岡自動車「オロチ(大蛇)」のワイドボディカスタム。
ドアもバタフライドア仕様に改造され迫力が倍増していますが、このモデルは意外にも子供や女性からの注目が高かったように思えますね。

【各務原まつり2019に行ってきた!リバティーウォーク(Liberty Walk)エリアのランボルギーニやフェラーリ、マクラーレン等】

☆★☆各務原まつり2019関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう