凄い組合せだな V8エンジン+850馬力のトヨタ「カムリ」と「フォードGT」のモンスターエンジンを積んだ「フェアレーン」がバトル【動画有】

2020-05-27

20160908_1_%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%83%aa

トヨタ「カムリ」といえば、排気量2.5Lで比較的お財布にやさしい低燃費な大衆セダンというイメージですが、今回登場した「カムリ」は、ドラッグレース用に改造されており、排気量5.7LのV8エンジン+850馬力を搭載した、お財布厳しすぎるスーパーセダンとなります。


一方のフォード「フェアレーン」には、2005年製「フォードGT」の排気量5.4L V8スーパーチャージド・エンジンというとんでもないモンスタースペック。

最近、見た目は変わらずともエンジンを丸々載せ替えて、馬力アップを図るモンスターマシンが登場していますが、これによる剛性などの”車両本体”による性能向上もしっかりと計算されており、車に対する根本的な考え方や姿勢が全く異なるのであると、日々勉強になりますね。

この2台だけで総排気量11Lを超えてしまうわけですが、一体どのようなドラッグレースを繰り広げるのかとても楽しみですね。