その存在感はトヨタ新型「アルヴェル」並み?!日産の新型「エルグランド”オーテック・コンセプト”」が世界初公開。ミニバン特有のオラオラ顔とプレミアムスポーティを演出した注目の一台【動画有】

2020-05-27

~日産のミニバンモデルはまだまだこれから伸びる可能性を持っている~

先日開催された東京オートサロン2020にて、日産のフラッグシップミニバン・新型「エルグランド”オーテック・コンセプト”(Nissan Elgrand Autech Concept)」が世界初公開されました。

このモデルは、日産自動車グループの一社であるオーテックが特別にカスタムを施した一台であり、これまで蓄積した技術とノウハウを活かしながら、伝統のクラフトマンシップを継承しながらも、フラッグシップミニバンらしい佇まいに加えて、高級感とスポーティ感を上手く兼ね備えた一台となっています(いわゆるプレミアムスポーティ・ミニバン)。

既にフラッグシップ・ラージミニバン市場を独占しているトヨタ新型「アルファード(Toyota ALPHARD)/ヴェルファイア(VELLFIRE)」ですが(競合が殆ど無いがために、どうしても注目されやすい)、これに対抗すべく日産も積極的にこうしたモデルを市販化していってほしいところですね。
早速、どういった仕上がりとなったのかをチェックしていきましょう。

ちなみに、今回もプレビュー動画を参考にさせていただいたのは、自動車系ユーチューバーであるroom My hobbyさん。
新鮮な情報をどこよりも早くお届けすることはもちろんのこと、中々メディアでも大きく取り上げないモデルを積極的に取り上げていく姿勢は本当に素晴らしいと思いますね。


~やはりフロントのオラオラ顔は日産でも健在のようだ~

早速「エルグランド”オーテック・コンセプト”」のフロントマスクを見ていきましょう。
このボリューム感のある佇まいは凄い…

ワイド&ローを強く意識したメタル調フィニッシュのフロントプロテクターを装備し、更にオーテック専用のドット柄を意識したフロントグリル(Vモーショングリルも拡大)は迫力満点。
存在感を更に発揮しながらも、マイナーチェンジ版「セレナ」以上のオラオラ顔に仕上がり、これはこれで新型「アルファード/ヴェルファイア」に引けを取らないレベルに仕上がっているのではないかと思います。

おまけにボディカラーも、オーテック専用の美しいブルー系に塗装されていますが、これは湘南・茅ヶ崎の海と空からイメージしたカラーとのことで、ある意味日産でしか実現できないものではないかと思いますね。

こちらはサイドプロファイル。
フロントと同様に、メタル調フィニッシュのサイドシルプロテクターやサイドミラーキャップのインパクトも強め。
ブルーとの相性も中々にマッチしているのではないかと思います。

足元にはオーテック専用のダークメタル調18インチアルミホイールを装着。
個人的にはブラックペイント処理で更に足元を引き締めるのもアリだとは思いますが、なぜかオーテック仕様のモデルはブラックペイントをそこまで主張しないのが不思議ですね。

サイドのボリューム感も凄い。
トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」に比べると、Bピラー周りのアクセントにちょっと物足りなさは感じますが、これはこれでシンプルにまとまっていて良いのかもしれません。

~今後は欧州市場に力を入れていくからなのか、どことなく欧州チックな印象も与えるアンダーデザイン~

こちらはリヤプロファイル。
リヤプロテクターもやはりメタル調フィニッシュのアクセント付きですね。
カラーとの組み合わせによってはチープっぽくも見えますが、ブルーとの相性によって上手く調和できていますし、BMW「X2」でもこういったメタル調のアクセントをつけているので、ちょっと欧州車っぽさも演出しているのかもしれません。

リヤデザインのボリュームも良いですし、ゴテゴテしていない感じが良いですね。
リヤテールランプやウィンカーに古さは感じますが、このあたりも何れはフルモデルチェンジのタイミングでフルLEDになるでしょうし、更にインパクトを高めた一台になることが期待されます。

【ニッサン エルグランド オーテック コンセプト 実車見てきたよ☆密かに置かれた注目の1台!NISSAN ELGRAND AUTECH CONCEPT】

☆★☆東京オートサロン2020関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう