(印)日産の新型「ジューク」よりもコンパクトなエントリーSUVモデルに関するティーザー画像が追加リリース!テールランプはトヨタ「ライズ」を意識?

2020-05-27

~見れば見るほどトヨタ「ライズ」を意識したようなテールランプだ~

日産といえば、2019年にフルモデルチェンジを果たしたばかりとなる新型「ジューク(Nissan Juke)」を欧州市場にて発売し、2020年春~夏頃にかけて日本市場でも発売予定となっている新型「キックス(Kicks)」等、今後さらに注目を高めそうなコンパクトSUVを続々と発表・発売していますが、これらのモデルよりも更にコンパクトなエントリーSUVモデルが、インド市場向けに発表されることに加え、今回2つめのティーザー画像を追加リリースしました。

今回公開されているティーザー画像では、LEDリヤテールランプの点灯が確認できますが、C字型にて囲まれたテール中央にはハニカムパターンが採用され、更に側面には鋭いフラットなラップアラウンドLEDテールランプが採用されていますね。

かなり先進的と言いますか…都会的なデザイン性を持つコンパクトSUVですが、明らかにトヨタ/ダイハツ「ライズ(Toyota RAIZE)/ロッキー(Daihatsu Rocky)」を意識したテールデザインで、日本市場でも十分対抗できるほどの品質ではないかと思いますね(なぜインド市場向けなのかが疑問…)。


~何度も言うが、これを日本市場に投入すれば間違いなく売れる~

ボディサイズとしては、全長4,000mm未満となる非常にコンパクトなスタイルでありながらも、かなりスポーティでシャープなボディラインで、バフショルダーやスクエア型のホイールアーチはオフロードっぽさを演出。
日本市場でいえば5ナンバークラスのコンパクトSUVとなりますし、更に全高も低めのクーペ風スタイリングで価格帯も非常に抑えられると考えられます。

以前公開されている完成予想レンダリングを見ていくと、SUVらしさを残す伝統的な直線のキャラクターラインと、「キックス」に採用されているようなブーメラン型のヘッドライトが印象的ですが、ヘッドライトは想像以上にアグレッシブで、新型「ジューク/エクストレイル」とは一味も二味も違った個性的なデザインとなりそうですね。
またベルトラインについては、Cピラーに向かって急上昇するようなラインとなり、その後ほぼ垂直となっていることも確認できますね。

プラットフォームについては、CMF-A+プラットフォームをベースにする可能性が高く、ルノー「HBC」と多くのコンポーネントを共有するとの噂も。

パワートレインについては、これも予想ではあるものの、日産「マイクラ」にて採用の排気量1.0L HR10型直列3気筒ターボチャージャーエンジン(最高出力100ps/最大トルク144Nm、最高出力117ps/最大トルク160Nmの2種類をラインナップ予定)を搭載し、トランスミッションは5速MT/CVTの何れかから選択が可能で、駆動方式も前輪駆動(FF)のみではないかと考えられています。

☆★☆日産関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう