これもうアウトだろ…トヨタ「アルファード/ヴェルファイア/ハイエース/ランドクルーザー・プラド」のホワイトパール塗装剥がれに続き、今度は2009年式「ヴァンガード」に盛大な塗装剥がれが発生【動画有】

2020-05-27

~ここまで盛大に剥がれてしまうと逆に気持ちが良いぐらい~

さて、以前より度々大きな問題となっているトヨタのホワイトパール007塗装剥がれ問題について。
トヨタは既に、2010年付近に製造された「アルファード/ヴェルファイア/ハイエース/レジアスエース/iQ/カローラルミオン/オーリス/ウィッシュ」を対象に、無償修理を実施するサービスキャンペーンのアナウンスを行っているものの、リコールではないため顧客にはハガキでの通知案内や電話での対応も行っていないのがほとんど。

なかには、2010年付近に製造された「アルファード」も塗装剥がれの対象でありながらも、製造ナンバーが一致しないという理由から塗装剥がれの無償修理ができなかったという報告も入ってきています。
その他にも、サービスキャンペーンの対象外となる「プリウス/ノア/シエンタ/ランドクルーザー・プラド/ラクティス」でもとんでもない塗装剥がれが発生していますが、今回新たな車種として「ヴァンガード」でも塗装剥がれが確認されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~本当にこれは塗装なのか?と疑ってしまうほどの豪快な剥がれ方~

上の画像にもある通り、ボディをエアブローする際に塗装剥がれが連発する瞬間を動画にて公開していますね。
以前、2015年式付近のトヨタ「アルファード」をエアブローした際に、盛大な猛吹雪のごとく塗装膜がどんどんと剥がれている動画が公開されていましたが、今回の塗装剥がれも同様に気持ち良く剥がれているのがわかります。

吹きつけた直後にこれだけの広いエリアの塗装剥離が発生していますが、これはあまりにもひどすぎますね…

恐らくこのモデルも、電着プライマーの密着不良による塗装剥離が発生している可能性が高そうですが、それでもこのモデルは今回サービスキャンペーンの対象には含まれていないため、有償修理にて対応しなければならないとのこと。
上の画像にもある通り、その塗装剥がれの範囲はルーフ全体に広がっているため、相当な修理費用が発生すると思われます(もしかすると有償カラーよりも高額な数十万クラスになるかも?)。

いずれにしても、ホワイトパールを塗装した2010年式付近のモデル全てが対象ではなく、先述にあるモデルだけが無償修理にて対応すること自体が不公平であるように感じますが、これに対して有償修理と一点張りで対応するメーカーもどうなの?と思ってしまうほど。
ここまで深刻化しているホワイトパール塗装剥がれ問題ですが、探し出したらキリがないことはわかっているものの、それでも顧客は高いお金を支払って購入しているわけですから、ユーザーが納得いく対応をしてほしいところです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈑金跡も再塗装跡もないのにこれはアカン‼️ 気持ちいいくらい剥がれる😱💦 #塗装剥がれ#パール吹雪#これいいのか?

TAKESHI HATANO(@takc.mk5)がシェアした投稿 –

☆★☆トヨタ・ホワイトパール塗装剥がれ問題の関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう