フルモデルチェンジ版・日産の新型「エクストレイル」の開発車両が2台も目撃に。社運をかけたモデルだけあって例の社会問題でも関係なくテスト走行を実施しているようだ

2020-05-27

~例の社会問題で外出が制限されている中でのテスト走行はシュール~

先日、カモフラージュが少し薄れた日産のフルモデルチェンジ版・新型「エクストレイル(Nissan New X-Trail)」の開発車両が目撃されていましたが、今回新たにアメリカ・ラスベガスにてカモフラージュが分厚めの開発車両が2台目撃されています(例の社会問題の関係で他の車両が全く居ない中でテスト走行?)。

いずれも横長のスクエア型と思われるLEDフロントヘッドライトと、その上部にはLEDデイタイムランニングライト、更に上部にはLEDウィンカー、反対に下部中央には丸形LEDフロントフォグランプが搭載されていますね(2台同時にウィンカーが点灯しているのも中々にユニーク)。


~よくよく考えてみたらサイドからのLEDデイタイムランニングライトやウィンカーは初めてかもしれない~

ここ最近目撃されてきた開発車両は、カモフラージュも少し薄めだったので、もうすぐフロントエンドのVモーショングリルやヘッドライトデザインが明らかになってくる?といった淡い期待がありましたが、ここにきて振り出しに戻ったかの如く一気に分厚くなりましたね。

意外にもサイドからの目撃されたLEDデイタイムランニングライトとウィンカーは初めてかもしれませんが、ワイドに加えて結構奥行きのあるハウジングを採用しているんですね。
足もとのアルミホイールもブラックにカモフラージュされていますが、シングル5スポークタイプで大口径を採用しています。

なお、これは前回のブログでもお伝えした通りとなりますが、エンジンは日参の新技術となる可変圧縮比(VCR)を採用した排気量1.5L 直列4気筒VCRエンジン+e-POWER技術を組み合わせるハイブリッドシステムを採用し、2021年を目途に市場へと投入するという情報が公開されています。

日刊工業新聞によれば、VCRエンジンは、走行状況に応じてエンジンの圧縮比(8~14)を変えることが可能で、燃費を高めたい低負荷域において圧縮比を高め、坂道などの高出力が必要な高負荷域において圧縮比を下げることでノッキング(異常燃焼)を抑えるというもの。

こうした動作を連続的に行うことで、幅広い走行シーンにおいて高い燃費効率と優れた走行性能を実現する理想的なエンジンだそうですが、個人的には「セレナe-POWER」(排気量1.2Lハイブリッドモデル)にて体感したトルク不足が新型「エクストレイル」にてしっかりと解消されるのかどうか?といったところは気になるところではありますね。

☆★☆新型「エクストレイル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:WS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう