クラフトスポーツさんにて、日本でも数少ない専用ゴールド(シリカブレス)の日産「スカイラインGT-R R34 Mスペック」を見てきた!この店舗だけで4台以上のゴールドがラインナップされている件

2020-05-27

スポンサーリンク

~そもそもシリカブレスの「スカイラインGT-R R34 Mスペック」を見たことが無かっただけに、感動も大きかった~

以前、群馬県は日産「スカイラインGT-R(Nissan Skyline GT-R)」専門店・クラフトスポーツさんにお邪魔させていただき、数多くの希少モデルを拝見させていただきました(撮影させていただけたクラフトスポーツさんには心より感謝)。

前回は、「スカイラインGT-R R34 Vスペック/R34 Nismo VスペックⅡ」やスカイライン伝説のモデル「スカイラインGT-R R34 VスペックⅡニュル(Skyline GT-R R34 V SpecⅡ Nur)」をインプレッションしていきましたが、今回は日本でも数少ないとされるシリカブレスの専用ボディカラーに身をまとった「スカイラインGT-R R34 Mスペック(Skyline GT-R R34 M Spec)」をインプレッションしていきたいと思います。

スポンサーリンク

~早速シリカブレスの「スカイラインGT-R R34」を見ていこう~

まずはこちらの個体。
何とも美しいゴールドカラーですが、こちらがMスペック/Mスペック・ニュルでしか設定されていない専用カラーのシリカブレスだそうで、しかも日本では数少ない希少カラーになるとか(海外ではかなりの人気色)。
正直、こんなに間近でゴールドカラーのスカイラインを見たのは初めてですが、現車で見てみるとド派手というよりも、結構落ち着いた印象にも見えるという不思議。

NISMO製フロントエアロバンパーやS-tuneサスペンションキット、ヴェルディナマフラー、ラジエーターキャップ、コンビネーションメーター、BBS製18インチLMアルミホイールなどがフル装備された貴重な一台となっています。

塗装剥がれ等も一切なく、かなり高品質な状態での展示となっていますが、こちらの価格帯はもちろん要応談。
おまけに走行距離は46,660kmと非常に少なく、年式も2001年式とあと6年もすればアメリカ独自の25年ルールで輸出されるかもしれない一台です。

続いてもかなりインパクトのあるシリカブレスの「スカイラインGT-R R34 Mスペック」。
フロントの”GT-R”のエンブレムが先ほどと異なっていますが、こちらもかなりカスタマイズされている一台で、社外製ラジエーターやインタークーラーパイピング等がインストールされ、更にはエキゾーストサウンドも全く異なるそうです。

足もとにはBBS製18インチLMアルミホイールが装着され、CV36用ブレーキローターにエンドレス製ブレーキパッド、そしてブレンボ製のゴールドペイントされたブレーキキャリパをインストール(ブレーキディスクがかなり錆び錆びになっていますが、販売車両として置いてからエンジン始動以外は特に動かしていない模様)。

先ほどの車両に比べてダクトが設けられていないからなのか、フロントフェンダー周りは結構大人しめ。
その代わりとして、足元のBBSホイールのインパクトにより十分カバーできているようにも感じます(こうして見るとゴールドのボディカラーにシルバーのホイールはかなりマッチしてる)。

サイドとリヤのインパクトも凄いですね。
NISMO製のサイドスカートセットやフェンダーカバーセット、リヤアンダースポイラーセットといったゴリゴリエアロが装着されています。

最後もMスペックのシリカブレスを見ていきましょう。
こちらは先ほどの2台に比べてかなり落ち着いたフロントフェイスを採用していますね。
フルモデルチェンジ前のレクサス「LS」に負けないフロントフェイスだと思います。

サイドから見てみるとこんな感じ。
車高低っく!

社外製の車高調と18インチアルミホイールを装着しているそうで、足元のダイナミックさが凄いこと。
ただ、もう少しブレーキディスクが大きくても良いかな?と思うのが正直なところ。

前車にはミッドナイトパープルの「R34」が置かれていますが、このカラーの組み合わせも中々見れないですし、こういった希少なモデル達を見れるのもクラフトスポーツさんだからこそ。
こうした素晴らしい光景を拝見させていただけたクラフトスポーツさんには心より感謝です。

☆★☆スカイライン関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう