ホンダ新型「フィット4」3回目の給油(しかもハイオクで)!給油警告灯が点灯してから何km走行できる?航続可能距離0kmでもある程度は走れそうだ

2020-05-27

~新型「フィット4」はとにかく財布に優しいエコカーだわ~

さて、2020年2月25日にホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(Honda New FIT4)」LUXE(リュクス)×四輪駆動(4WD)が納車されて3回目の給油となります。

2回目給油が3月末だったので、約1か月ぶりの給油となりましたが、今回の走行内訳としては高速道路が4割程度で、残り6割が下道という感じ。
それでも満タン法で前回同様に850km以上は走行できていたので、かなり優秀な燃費を誇っているのではないかと思います。

そして今回、航続可能距離が0kmになった状態でどこまで走行可能なのか?についても引き続き検証していますので、もしも給油警告灯が点いてしまった場合、残り何kmぐらい走行できるのか?を把握しておく意味でも、今回のデータを参考にしていただけたらと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~まずは給油警告灯が点灯するのは残り何kmぐらい?~

給油と燃費報告の前に、航続可能距離が何kmぐらいで給油警告灯が点灯するのか?についてですが、これは2回目とほぼほぼ同じとなる約55km前後といったところでしょうか。
もちろん、給油後平均燃費によってこの辺りは大きく前後すると思いますので、あくまでも参考程度にしていただけたらと思います。

給油警告灯が点灯してから、航続可能距離もほぼほぼ0kmに近づいています。
この時の燃料残量目盛りは1を示しています(ちなみにこの時点でトリップAより1タンク855km以上を達成)。

航続可能距離が0kmになり、右側の燃料残量目盛りも併せて0になりました。
この時点で実質的に燃料タンクには何Lガソリンが残っていて、あと何kmぐらい走行できるか?についてですが、とりあえず近くのガソリンスタンドに行って給油しましょう。

ガソリンスタンドに到着したときの燃費記録はこんな感じ。
航続可能距離が0kmになってから約4~5km程走行。
前回給油後の平均燃費は23.6km/Lでした(LUXE×四輪駆動のWLTCカタログ燃費は23.2km/Lなのでほぼ誤差無し)。

今回はちょっと贅沢にハイオクにて給油!

そして早速給油!
本来であればいつもはレギュラーなのですが、今回は敢えてハイオクで給油。
アクセルレスポンスや燃費性能がレギュラーガソリンとどれだけ異なるのか気になるので、この辺りもインプレッションしていきたいと思います。

フィット4「ハイオクうめぇー!」

~燃費記録と航続可能距離0kmで何km走れるのかを調べてみた~

早速給油して何L入ったのか見ていきましょう。

【「フィット4」3回目の燃費記録】
走行距離:863.6km
総走行距離:1,867km
給油量:38.90L
メーター上燃費:23.6km/L
実燃費:22.2km/L
燃料タイプ:レギュラー
燃料単価:133円
トータル燃料価格:5,174円

ザっと上の給油結果と燃費記録を見ていくと、まず給油量は38.90Lなので、新型「フィット4」の燃料タンク容量は40Lであることから、1.10L残しになりますね。

気になるメーター上燃費と実燃費との差ですが、給油ガンのトリガーが”ガチャっ”と音がしてから、そのあと給油口ギリギリまで入れているので、実質的には40L以上入っていることになります(それでもメーター上燃費と実燃費差は1.4km/Lと少し広め?)。

このことから、航続可能距離が0kmになってからは、燃料残量と実燃費(端数切捨て)から換算すると、1.10L×22km/L=24.2km走行可能であることがわかります。
この辺りはメーカーによって全くデーターが異なってくると思うのですが、トヨタやレクサスに比べるとマージンがほとんど無いため、航続可能距離0km=給油できる体制を整えておかないと大変なことになりそうです。

ちなみに給油完了後の航続可能距離は916kmとなっています。
この状態で、改めてトリップAと平均燃費をリセットし、次回4回目の給油に向けて燃費記録を残していきたいと思います。

私の新型「フィット4」のメンテナンスや維持費などのまとめはコチラ

☆★☆新型「フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう