ついに登場 ランボルギーニ「チェンテナリオ・ロードスター」が初公開

2020-05-26

20160820_10_%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%aa%e3%82%aa

早速ですが、ランボルギーニ「チェンテナリオ・ロードスター」がカリフォルニア州モントレーのイベントにて初公開されました。


今回、新しく導入された後輪操舵システムを搭載し、「アヴェンタドール・ロードスター」と同様の脱着式カーボン製ルーフを搭載することで軽量化を図った結果、車重1570キロと非常に軽量となりました。
0-100km/hは2.9秒で到達し、最高速度350km/hを記録します。

オールカーボンのボディーの上にはマットシルバーに光沢あるチェンテナリオ特別限定カラーの「アルジェント・チェンテナリオ」が使用されているとのことです。
おそらくですが、カラー費用だけで数百~数千万かかっていると考えられます。

内装は黒革とテラ・ディ・カリフォルニア(茶色)に白いアクセントが入っており、大人の色気すらも感じる仕上がりになっていますね。

世界限定20台で価格は2億3000万円ですが、完売済みで日本には2台入る予定となっています。