フルモデルチェンジ版・シボレー新型コルベットC8が納車されて僅か数日後に大事故。オーナーは無事ながらもナゼかナンバープレートが外れているという謎

2020-05-27

僅か1か月程で2台の新型コルベットC8が大破する事故に

シボレーのフルモデルチェンジ版・新型ミドシップスポーツモデル・コルベットC8(Chevrolet New Corvette C8)が、納車されて僅か数日しか経っていないのに大事故でとんでもないことに。

以前、アメリカ・フロリダ州のダウンタウン近くにあるサラソタ41でも、納車されて僅か1日しか経過していないにも関わらず、飲酒運転をしていたドライバーの不慮の事故に巻き込まれ、フロントが大破するという悲惨な事故が発生していましたね。

おそらくオーナー車としてのクラッシュは今回で2例目だと思いますが、今回の事故は他車に巻き込まれて事故を引き起こしたのではなく、新型コルベットC8のドライバーがオーバースピードによってコントロールを失ってしまい、そのまま路外へと放り出された自損事故になります。


新型コルベットC8の納期は半年以上、待ちに待った新車が僅か数日で廃車は精神的ダメージも大きい

地元警察の情報によれば、当時は路面もウェットになっていて滑りやすく、新型コルベットC8のドライバーは100km/h以上のスピードにて加速していたそうで、更にここから加速しようとしたところ、後輪がスリップしてしまったそうです。

幸いドライバーに大きなケガは無かったものの、フロントバンパーからフロントフード、更には足回りも大破してしているのが確認できますね。

おまけにこのモデル、Z51パッケージを装備した最上位グレード&フルオプション仕様ということで、総支払額は1,300万円以上になるそうですが、その高額モデルが納車されて僅か数日で廃車にしてしまうのは精神的にもかなりダメージが大きいのではないかと思います。

リヤにナンバープレートが装備されていない?

そして警察が最も疑問視しているのがリヤナンバープレート。

本来であれば貼付されているナンバープレートですが、このモデルではそれが外れている状態とのことで、事故の衝撃でプレートが外れてしまったのか、それとも特別な理由でナンバープレートを装着していなかったのかはわからないものの、この点についても現在調査が進められているそうです。

☆★☆新型コルベットC8関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう