ビッグマイナーチェンジ版・レクサス新型ISの最新情報公開!価格配信&オーダー開始時期も明らかになり、現行モデルは6月15日でオーダーストップ

2020-05-27

新型ISの今後のスケジュールをチェックしていこう

via:https://spyder7.com/

2020年秋ごろに発表・発売予定となっているビッグマイナーチェンジ版・新型ISですが、具体的な発売時期は明確になっていないものの、価格配信日とオーダー開始時期、そして現行モデルの最終オーダー受付けは以下の通りとなっています。

・現行モデル最終オーダー受付け日:2020年6月14日(日)
・新型ISの価格配信日:2020年7月30日(木)
・新型ISの先行オーダー受付け開始日:2020年8月27日(木)

上のスケジュールは、メーカーからレクサスディーラーへと配信された公式情報になるため、予想ではありません。

6月下旬辺りから、新型ISのグレードや装備内容などが明らかになる模様

現行モデルは6月15日(月)からオーダーできなくなるので、まだ現行モデルを検討されている方は早めの判断が必要になりますね。

そして価格配信が7月30日となっていますが、このタイミングでグレードが明らかになり、見積もり作成も可能になります。

そしてそれよりも前に、新型ISに関する具体的な情報がスタッフマニュアルとして配信される予定なので、それについても情報が明らかになり次第当ブログにて展開していきたいと思います。

新型ISの価格が配信されてから、先行オーダーできる8月27日まで約1か月程ありますが、この間でグレードやオプションを考えることができるので、個人的には結構有難いですし、ギリギリまで悩んでみようかと思います。

ビッグマイナーチェンジでどういったところが変化する?

まず今回のビッグマイナーチェンジにより、フロントフェイスが一部変更されるとのことで、特にスピンドルグリルについては、非F SPORTであってもF SPORTであってもメッシュグリルになることが判明しています。

厳密に言うと、新型「RX/RC/UX/CT/LC」のように非F SPORTグレードはドットデザインのグリルが採用され、F SPORTグレードでは従来通りのメッシュが採用されるとのこと。

またフロントヘッドライトのデザインも一部変更されるとのことですが、フロント・リヤウィンカーが流れるタイプのシーケンシャルウィンカーになるとの情報は入っていないため、おそらく点滅のままではないかと思いますね。

ビッグマイナーチェンジでインテリアも大きく変化する模様

続いてインテリアについてですが、ナビゲーションディスプレイは特にサイズ変更無しとなる10.3インチが採用され、マイナーチェンジ版・新型RX同様にナビゲーション位置が10センチ程手前に配置され、リモートコントロールだけでなくタッチスクリーンも利用可能になるそうです。

そしてリモートコントロールについては、ISではマウスのようなジョイスティックタイプでしたが、今回のビッグマイナーチェンジによりタッチパッド式(指でなぞるヤツ)が採用されるとのこと。

今後のレクサスモデルでは、タッチパッド式が積極的に採用されていきますが、ジョイスティックタイプを気に入っていた方にとってはちょっと残念な内容ではありますね。

そして遂に電動パーキングブレーキも標準装備!

そして今回のビッグマイナーチェンジによる最も大きな変更点となるであろうサイドブレーキですが、遂にフット式ではなく電動パーキングブレーキが採用されるとのこと。

これに加えて、オートブレーキホールドも採用されることになりますが、これまでフット式のサイドブレーキを搭載していたのはCT/RC/ISで、ここに不満を持っていた方も多いでしょうし、今回のビッグマイナーチェンジで商品力を大幅に高めることになりそうです

あとはレクサスの安全予防システムとなるLexus Safety System+(LSS+)が新世代へとアップグレードされますが、価格帯もそれなりにアップ(多分+10万円ほど)すると思われ、それ以上のプレミアム感と品質も向上するので、今回は期待のできる一台ではないかと思います。

因みに、今のところラインナップされるモデルはIS300/IS300h/IS350の3種類と聞いていますが、もしかしたら変更の可能性もあるかもしれませんし、新たな情報が入り次第すぐに当ブログにて展開していきたいと思います。

☆★☆新型IS関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Spyder7

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう