フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ヴォクシーは本当に次期ノアと集約される?ディーラーでの取材情報も含めて改めて考えてみよう

2020-05-27

ディーラー情報ではノア/ヴォクの何れかが廃止になるとの情報は聞いていない模様

2020年4月の一部改良により、新型ヴォクシーのフロントエンブレムがトヨタ(Toyota)マークへと変更され、一部グレードの見直しやディスプレイオーディオ(DA)の設定など、細かな変更が施されましたが、マガジンXの情報によれば2021年の次期モデルでは、フロントデザインの一新や、新世代プラットフォームTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)の採用、更には新開発エンジンが搭載されるとの情報が展開されています。

これについて、いつもお世話になっているトヨタディーラーにて取材して見ると、「まだそこまでの具体的な情報は入ってきていないものの、ヴォクシーが廃止となって次期ノアに集約されるといった情報は一切無い」と説明しており、更に次期ヴォクシーが何れ登場するという情報は”チラッ”とだけ聞いているとのことなので、ベストカーにて取り上げられている情報の信ぴょう性は低いのではないか?とのこと。

結局のところ次期ノア/ヴォクはそれぞれ登場する?

そうなると、次期ノアはどうなるのか?ということになりますが、これについては今のところ特別な情報は入っていないものの、ノアを所有するユーザーも非常に多いため、さすがに廃止する可能性は低く、しかし高級志向のエスクァイア(Esquire)というモデルも存在するので、可能性としてはエスクァイアが廃止となる可能性はあるかもしれないとのこと。

トヨタとしても、全チャネル併売化に伴い販売車種も大幅に増えてしまうので、いわゆる兄弟車種(アルファード/ヴェルファイアやタンク/ルーミーも同様)はある程度減らしていかないと取り扱いが複雑になってしまいますからね…売れ筋といえども、これ以上のメーカー内での共食いだけは避けたいと考えているでしょうし、そういった意味でも必要最小限の車種減少策をとるのであればエスクァイアは廃止で、次期ノア/ヴォクシーを販売するというのはアリなのかもしれません。

☆★☆新型ノア/ヴォクシー関連記事5選はコチラ!☆★☆