ホンダ・シビック・タイプRのエンジンを搭載したATSコルサRRターボがいよいよ出荷スタート!グレードは2種類で価格は約1,570万円から

忘れた頃にやってきたシビック・タイプRのエンジンを搭載したコルサRRターボ

2019年9月頃、元フェラーリF1のエンジニアチームによって創業されたAutomobili Turismo e Sport Automobili(ATS)が、過激なライトウェイトスポーツモデル・コルサRRターボ(Corsa RR Turbo)を発表・発売しましたが、遂にこのモデルが顧客のもとへと出荷される準備が整ったとのこと。

このモデルは、ホンダのハードコアスポーツモデルとなるシビック・タイプR(Honda Civic Type R)に採用されている排気量2.0L 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、ECUセットアップと特注の吸気及びエキゾーストマニホールド、ギャレットタービン、そして鍛造ピストンを採用することによって最高出力600hp/4,000rpm~7,000rpm、最大トルク530Nm/8,500rpmを発揮。

駆動方式はリミテッドスリップディファレンシャルを介した後輪駆動を採用し、トランスミッションは6速3MO FTXシーケンシャルを搭載した過激モデルとなります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そんなコルサRRターボの気になるスペックや価格帯なども以下の次のページにてチェックしていきましょう。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう