これがフルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼル(海外名:HR-V)?なお日本市場では2021年4月以降に発売延期で、他のホンダモデルも続々と延期が決定

次期HR-Vのフロント・リヤデザインをイメージしたレンダリングをチェックしていこう

早速フロントマスクを見ていくと、フロントヘッドライトのデザインやL字型をイメージしたLEDデイタイムランニングライトを見ていくと、新型アコード(New Accord)/インサイト(New Insight)を想起させるようなアグレッシブなデザインに見え、更にフロントグリル部分も水平基調のバーと日産のVモーションのようにグリル面積が一気に拡大されることでダイナミック感が演出されていますね。

フロントフォグランプ辺りのデザインベースは、現行ヴェゼルの名残を残しているようにも見えますが、やはり新世代モデルにふさわしいオリジナルの要素も増えてくるでしょうし、何よりも新型フィット4(New FIT 4)のようなマイルドフェイスではなく、攻撃的な顔つきを貫いてくる可能性が高いと思われます。


リヤデザインはホンダらしくないデザインかも?

こちらはリヤデザイン。

何だかリヤテールランプが独特と言いますか…コの字型のテール形状がどことなくスバルっぽい感じに見えるものの、そこからリヤテールゲートのガーニッシュにまで伸びていくようなデザインも個性的。

ボディスタイルとしては、現行HR-Vよりも更に伸びやかな印象を受け、ドアパネルのプレスラインも大きく変化していることがわかりますね(フェンダー形状に沿ったプレスラインとかも中々に芸術的)。

そしてボディカラーとは異なるブラックルーフとシルバーのルーフレールが設けられ、スポーティさの中にアウトドア感も追加しているのがわかります。

あとはアルミホイールもスパイラル形状で高級感がありますが、サイドスカートやリヤロアバンパーのプラスチック部分は大きく、ちょっとチープっぽさもありますね。

現行ヴェゼルとも比較してみよう

そしてこちらが現行ヴェゼル(海外名:HR-V)。

こうして見ると、新型をイメージしたレンダリングの方がワイド&ロースタイルで高級感がありますし、重厚感も加味されて良い方向へと変化するのではないか?と期待が持てます。

こちらがリヤデザイン。

先程のレンダリングとはまたイメージが大きく異なりますね。

ちなみに、日本市場では元々2021年2月に発売予定だった新型ヴェゼルですが、昨今の諸事情により2021年4月以降に延期となり、この他にも新型オデッセイ/N-ONE/シビック・タイプRなども同様に2~3か月の延期がディーラーへと通達が届いています。

☆★☆ヴェゼル関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:DTM995

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう