ビッグマイナーチェンジ版・レクサス新型IS500が遂に北米にて商標登録!日本での発売の可能性はあるのかディーラーでも確認してみた

そもそもIS500には何のエンジンが搭載される?

気になるパワートレインについては、一部の情報ではGS F/RC F/LC500と同じ排気量5.0L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力471hp/最大トルク540Nmを発揮する?といった話もあるそうですが、一方ではLS500のように排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジンといったダウンサイジングターボを搭載する?との話も。

ただ、ターゲットとしているところが北米市場である以上は、大排気量NAモデルが最も適していると考えられ、そう考えるとツインターボモデルの導入は考えにくそう。


日本市場でのIS500導入の可能性は?

ちなみに日本市場でも販売される新型ISについて、いつもお世話になっているレクサスディーラーにて取材させていただいたところ、現時点でのIS500の導入は一切聞いておらず、将来的に追加ラインナップされる予定は無いとのこと。

IS Fも登場する?といった某メディアの情報もありましたが、これも全く情報は入っておらず、しかも「2020年内に登場する」とった誤った情報が拡散されていたため、そういった問い合わせもディーラーにて多く非常に困っているそうです(そもそもIS500は国内での商標登録を行っていない)。

なお、日本市場にてラインナップされる新型ISのグレードは以下の通り。

【新型ISのグレード構成】

[IS300(FRのみ)/IS300h(FR/AWD)]
・ベースグレード
・F SPORT
・version L

[IS350(FRのみ)]
・F SPORT のみ

あとは11月5日の発表・発売と同時に、早くも特別仕様車が登場することが決定していて、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジン搭載のIS300 F SPORTと、排気量3.5L V型6気筒自然吸気エンジン搭載のIS350 F SPORTの2種類をベースにしているとのことです。
※残念ながらハイブリッドタイプのIS300h F SPORTでは設定されない模様

☆★☆新型IS関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう