トヨタ新型ヤリスクロスの見積もりしてみた!気になる総額やメーカーオプション、納期は?競合となる日産の新型キックスとの金額も比較してみよう

新型ヤリスクロスは確かに良心的な価格だが、オプションが思った以上に多いぞ!

2020年8月31日に発表・発売スタートとなるトヨタ新型ヤリスクロス(Toyota New Yaris Cross)ですが、8月1日より先行受注受付けがスタートするとのことで、早速見積もりを取得してきましたので公開していきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型ヤリスクロスは、AセグメントSUV・新型ライズ(RAIZE)の兄貴分となるモデルで、3ナンバーSUVという枠ではあるものの、既に高い注目を得ている一台。

私がいつもお世話になっているトヨタディーラーでは、既に二桁の先行仮予約が入っているとのことで、新型ハリアー(New Harrier)同様に長納期になる可能性も高そうです。

新型ヤリスクロスのグレードをおさらいしておこう

見積もり内容をチェックする前に、まずは新型ヤリスクロスのグレード別価格帯をおさらいしておきましょう。

新型ヤリス・クロスでは、新型ハリアー(New Harrier)同様に大きく3グレードがラインナップされますが、ガソリンモデルのみX”Bパッケージ”が追加設定されるものの、フリート向け(営業車)なので予防安全装備が設けられていません。

グレード一覧としては以下の通り。

[ガソリン&ハイブリッド]
・X”Bパッケージ”(ガソリンのみ2WD/4WD)
・X(2WD/4WD or E-Four)
・G(2WD/4WD or E-Four)
・Z(2WD/4WD or E-Four)

基本的には、排気量1.5L 直列3気筒直噴ガソリンエンジン(最高出力120ps/最大トルク145Nm)と同エンジン+ハイブリッドシステムは全く同じグレード構成となっています。

なお各グレードの立ち位置としては、最もベーシックなX”Bパッケージ”はガソリンモデルの社用車や法人車用、エントリーグレードXが新型ライズに相当するレベルの装備内容中間グレードGがホンダ・ヴェゼル(Honda Vezel)を対抗、そして上位グレードZがダウンサイザー用としたラグジュアリー仕様とのことです。

新型ヤリスクロスのグレード別価格帯をおさらいしておこう

それではここから、新型ヤリスクロスのグレード別価格帯をチェックしていきましょう。

新型ヤリス・クロスのグレード別価格帯は以下の通り。

【新型ヤリス・クロスのグレード別価格帯一覧(10%税込)】

[ガソリン]
・X”Bパッケージ”:[2WD]1,796,000円/[4WD]2,029,000円
・X:[2WD]1,896,000円/[4WD]2,127,000円
・G:[2WD]2,020,000円/[4WD]2,251,000円
・Z:[2WD]2,210,000円/[4WD]2,441,000円

[ハイブリッド]
・HYBRID X:[2WD]2,284,000円/[E-Four]2,515,000円
・HYBRID G:[2WD]2,394,000円/[E-Four]2,625,000円
・HYBRID Z:[2WD]2,584,000円/[E-Four]2,815,000円

以上の価格内容を踏まえて、今回はハイブリッドZ(FF)/ハイブリッドZ(E-Four)/ハイブリッドG(FF)/ガソリンG(FF)の見積もり内容を見ていきたいと思います。

今回は、新型ヤリスクロスの見積もり内容に加え、どういったメーカーオプションが準備されているのか、納期はどれぐらいなのか、そして競合となるであろう日産の新型キックス(Nissan New Kicks)とはどれぐらいの差額となるのかも、以下の次のページにてチェックしていきましょう。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう