プロサッカースターのクリスティアーノ・ロナウド選手が世界限定10台のブガッティ・チェントディエチを本当に購入。価格は約6億円からのようだ

Cロナはどうやらチェントディエチを購入していたようだ

世界限定500台のみ販売されたマクラーレン・セナ(McLaren Senna)や、ブガッティ・ヴェイロン(Bugatti Veyron)/シロン(Chiron)といった希少車種を所有するプロサッカースターのクリスティアーノ・ロナウド選手ですが、彼が所属するセリエA・ユヴェントスFCのタイトル獲得を祝うため、ブガッティが世界限定10台のみ販売したスペシャルハイパーカー・チェントディエチ(Centodieci)を”本当に”購入していたことが明らかになった、と報道されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

以前にも(未確定ながら)同様の報道がなされていましたが、チェントディエチは1990年代にブガッティが販売したEB110をモチーフにしたスペシャルオマージュモデルで、シロンをベースに排気量8.0L W型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、更にエンジンシューティングなどを施すことで最高出力1,500ps→1,600psへと向上させています。

ただ、トップスピードに特化したモデルではなく、ディーヴォ(Divo)のようなコーナリングを重視したモデルとのことで、既にブガッティはこのモデルを完売していると発表しています。


チェントディエチは空力に特化したモデルでもある

このほか、公道走行時のダウンフォース量とスピード、更には安定性を向上させるため、両サイド縦型2本出しとなるクワッドーエキゾーストシステムのレイアウトに変更し、更に巨大なリヤウィングとスリット溝の深い過激なリヤディフューザーを装着。

リヤテールランプにおいても、シロンのセンター直結式となる一文字をベースにした独創的にデザインへと変更されています。

足元のホイールも3Dプリンターを活用した超軽量型だそうで、足回りに装着される大口径ブレーキディスクとレッドのブレーキキャリパも迫力も中々。

このあたりのカラーリングはオーナーの好みによって変更できるかと思われますが、チェントディエチに関しては詳しい情報が無く、もしかするとボディカラーやインテリアカラーが固定される可能性も高そう。

気になるチェントディエチの価格帯は?購入条件は?

なおこのモデルは、世界限定10台のみで車両本体価格は約6億円からとなり、税関などを含めると約10億円に到達するそうですが、そもそもこのモデルの購入条件が一体何なのかは不明。

最低条件としては、ヴェイロン/シロンを購入していることが絶対だと思いますが、更にここから社会貢献力や収入、車の所有暦なども審査の対象になっていると思われ、クリスティアーノ・ロナウド選手はユヴェントスでの4年契約金として100億円以上を受け取っているとの報道もあるため、彼からすると約10億円はちょっとしたスーパーカーを購入する程度。

ブガッティ側も、偉大な成績を残す彼に乗ってほしいという想いでリクエストした可能性もあるとのことで、それであれば彼が購入するのも納得ですね。

☆★☆ブガッティ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう