意外と有りそうでなかった!フォルクスワーゲン・ビートルをポルシェ911GT3RS風にしてみた。過去に販売されたザ・ビートルGSRのミドシップ版かな?

いずれこうしたユニークなカスタムモデルが登場してもおかしくないかも?

約80年という長い歴史に幕を閉じたフォルクスワーゲン・ザ・ビートル(Volkswagen The Beetle)ですが、何とこのモデルをハイパフォーマンス・スーパースポーツモデルとなるポルシェ911GT3RS(Porsche 911 GT3 RS)にしてみたら?というレンダリングが公開されています。

もともとビートルのフロントヘッドライトは、丸目タイプでポルシェっぽい雰囲気があり、更にハードコアスポーツ仕様のビートルGSRが登場するなど、実は911GT3RS/911GT2RSっぽさを残すグレードをラインナップしていたこともあったため、今回のレンダリングはそこまで違和感が無く、しかし今までこうしたミックスレンダリングが登場してこなかったのはちょっと意外でした。


改めてポルシェのボディスタイルは徹底的に絞られている

本物のポルシェ911GT3RSと比較してみるとこんな感じ。

トップルーフからリヤハッチにかけてのラインは大きく異なりますが、それ以外のアルミホイールやヘッドライト、フロントバンパー、そして巨大リヤウィングはそのままといった感じでしょうか。

ビートルGSRと並べると…?

そしてこちらが、ハードコアスポーツモデルとなるビートルGSRとの比較。

こうしてみると、フロントフードからトップルーフ、そしてリヤトランクにかけてのストライプや、サイドデカールはGT3RS風で、まるでポルシェの弟分の様な存在感ですね。

ところでビートルGSRってどんなクルマ?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう