【価格は約269万円から】一部改良版・(米)マツダ新型CX-5の価格が明らかに。装備も充実で満足度アップ!更にカーボンエディションの詳細も

やっぱりコスパで考えたCX-5が一番かもしれない

先日、北米市場向けとなるマツダCX-5/CX-9/MAZDA6をベースにした特別仕様車カーボンエディション(Carbon Edition)が世界初公開され、フラッグシップSUVモデルCX-9の一部改良後となるグレード別+カーボンエディションの価格帯を明らかにしましたが、今回はミドルサイズSUVとなる新型CX-5のグレード別+カーボンエディションの価格帯を公開していきたいと思います。

北米マツダによれば、今回の一部改良も新型CX-9同様に内外装デザインの変更はなく、インフォテイメントシステムとキャビンアクセサリー系のアップグレードが主となるそうです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

具体的なアップグレード内容としては、7インチ/8インチのディスプレイは排除し、最新世代のマツダコネクト・インフォテイメントシステムに接続される10.25インチセンターディスプレイが標準装備され、更にApple CarPlay/Android Autoに対応したマツダコネクティッドサービス機能も追加することで利便性を高めています。

特にコネクティッドサービスには、MyMazdaアプリをインストールすることで、3か月または2GBの試用版となるWi-Fiホットスポットを搭載し、リモートにて監視及び制御する3年間の無料パックも装備されるそうです。

新型CX-5のグレード別価格帯やカーボンエディションの装備内容は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!