これは恐ろしい…千葉県船橋市の国道16号線にてレクサスHS250hが大破。ルーフも完全にモゲてしまい車内は血まみれに【動画有】

ここまでの事故になってしまうと、ドライバー含む同乗者も死亡している可能性が…

2020年8月26日の午前、千葉県船橋市の国道16号線・小室交差点付近にて、レクサスの4ドアセダン・HS250hがとんでもない大事故に。

上の画像にもある通り、かなり特徴的なアルミホイールとアイボリー系のレザーシートの組み合わせを見るとHS250h Ipackageではないかと思われますが、フロントフードやトップルーフ、リヤハッチガラス、トランクフードが無残な状態にて外れているのが確認できますし、何よりも助手席やリヤシートが血まみれになっているのが確認できる辺り、ドライバー含む同乗者は重傷もしくは死亡している可能性があるかもしれません。

ぱっと見ではどの車種かもわからないレベルで大破していますが、これだけの事故を起こして死亡していない方が奇跡的だと思いますが、一体どのような経緯にてこんなひどい事故に繋がってしまったのでしょうか?

別の角度から見てみると、事故の詳細が少しずつ明るみに…気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう