【合計30気筒】フェラーリ812スーパーファスト×ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ×ポルシェ911ターボSの豪華ドラッグレース【動画有】

よくよく考えるとV12 NA×2台とフラット6のドラッグレースは見たことないかも…

海外の有名カーメディアcarwowが、フェラーリ812スーパーファスト(Ferrari 812 Superfast)とランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(Lamborghini Aventador SVJ)、そしてポルシェ911ターボS(Porsche 911 Turbo S)でのドラッグレース企画を開催。

よくよく考えてみると812スーパーファストとアヴェンタドールSVJは、それぞれ排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載するも、それぞれフロントミドシップ、リヤミドシップに搭載する全く性格の異なるフラッグシップモデル(しかもお互い最後のV12内燃機関モデルと感慨深い)。

そして最後はポルシェのハイパフォーマンスモデルで最新の992世代となる911ターボSですが、こちらは排気量3.8L 水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載します。

中々これらのモデルを揃えるだけでも難しいことだと思いますが、よくよく見てみると中央のアヴェンタドールSVJは世界限定63台のみ販売のSVJ63だと思われ、スペックは従来のSVJと変わらないにしても、より一層の希少性が高まっていますね。

こういったクレイジーモデルを集められるのもcarwowだからこそだと思います。

各モデルの詳細スペックとドラッグレースの結果はどうなった?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう