【エイプリルフール】これは画期的だ。レクサスが追越車線をノロノロ走る車を強制的に車線変更させる機能を開発【動画有】

2020-05-26

※エイプリルフールネタです。

レクサスは、今後の更なる自動運転技術の応用展開の一発目となる「レーン・バレット」という新技術を開発・発表しました。

今回発表されたこの「レーン・バレット」とは、高速道路での走行や2車線以上での追越し車線での走行中、ノロノロ走行する前車を強制的に車線変更させ、走行車線側へ自動で操作させるという優れた機能となります。
用は、前を走る車をラジコン間隔にて扱うことができるわけですね。


今後、この自動運転機能はレクサス「LC」をはじめ、その他のラインナップにもオプション設定(約100万円)が可能になるとのことです。

エイプリルフールネタはこちらにてまとめてあります。