ドイツチューナ・Fostlaが”開発車両風”にカスタムしたメルセデスベンツAMG「GT R」を公開。エンジンもチューニングされパワーアップ!

2020-05-27

これまたド派手な「GT R」のカスタムモデルが登場

ドイツの名門チューナであるFostlaが、メルセデスベンツAMGシリーズの中でもトップレンジモデルとなる「GT R」をベースにしたカスタムチューニングモデルを発表しました。

今回発表したカスタムモデルは、性能向上の一環として排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンはそのままに、ECUセットアップ等によって最高出力585ps→650ps/最大トルク700Nm→770Nmへと大幅に向上。
加えてパフォーマンス性においても、0-100km/hの加速時間が3.6秒→3.4秒以下へと短縮し更なる加速性能を高めています。

また数値だけの話ではありますが、先日発表されたばかりのランボルギーニ「ウラカンEvo(Huracan Evo)」のパワーにも匹敵し(加速性能は劣るが…)、もしかするとコーナリング性能等のトータルバランスで見ていくと、同車と同等レベルにて競うことができるかもしれません。


かなり個性的なイエロー&迷彩カモのツートン仕上げ

加えて外観についてもかなり個性的なデザインとなっていて、フロントからドアサイドパネルまではイエロー、リヤクォーターパネルからリヤエンドにかけては開発車両にてよく見られるアーバンカモフラージュ風のツートンラッピングが施されています。

フロントだけを見てみると、イエローカラーのドギつい「GT R」を確認できますが…

リヤを見てみるとこんな感じ。
カモフラージュ風ラッピングを施すスーパーカーは幾度か確認したことはありますが、こうしたツートン仕上げのラッピングはかなり珍しいかもしれません。

ちなみにカラーの境目はこんな感じ。
デザインとしてはツートンですが、ラッピングとしては一枚ものになっているので、施工内容としてはフルビニールラッピングと変わらない様子です。

☆★☆「GT R」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう