アストンマーティンのSUVモデル「DBX」の量産は2019年で濃厚?V8ツインターボとの噂も

2020-05-26

ベントレーやマセラティをはじめとするラグジュアリー&スポーツメーカがSUVモデルを投入する中、ランボルギーニも本格的にSUVモデル「ウルス」に力を入れてきており、遂にはアストンマーティンまでもSUVモデルに参入することが明確となってきました。

もともと、「DB11」の開発以前からSUVモデルの開発を進めていたアストンマーティンですが、本来であれば「DBX」のプラットフォームを「DB11」に採用する流れの予定でしたが、現在はその逆で「DB11」のプラットフォームを「DBX」に採用させていく方向にて進められており、2019年の量産に向けて本格的に始動していくとのこと。


ちなみに、予想されている「DBX」のレンダリング画像は以下の通りとなっていますが、2ドアSUVというよりも、クーペに近いですね。
サイドミラーレスとなっており、おそらくカメラでの確認が主になると考えられます。

なお、パワーとレインについては未だ確定はしていないものの、噂ではV型8気筒ツインターボが採用されるのでは?との噂もありますが、「ベンテイガ」や「ウルス」のパワートレインを考慮すると、噂の通りになるのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう