マクラーレン「570S」にHREホイール+シンプルなボディキットのカスタム。引き締まった足回りに

2020-05-27

マクラーレンのエントリーモデルとなる「570S」に、アフターマーケットパーツメーカーのHREが、シンプルなツイン5スポーク&クロームデザインの20インチホイールを装着した画像を公開に。
過去これまで、1016インダストリーやPriorデザイン等のチューナーが「570S」をド派手にカスタムしてきましたが、今回のカスタムはかなりシンプルな仕上がりに。


ボディカラーがブラックということもあって、パッと見では確認できませんが、特注のリヤウィング、ツインルーフスクープ、シャープフロントエンド、サイードスカート、バタフライドアにはカーボンファイバアタッチメントが装着される等、充実なカスタム。
なお、エンジンチューニングは未実施。

全体的なスタイリングを確認してみても、違和感のないボディキットが装着され、むしろ美しさが際立った一台に仕上がっていますね。

Reference:CARSCOOPS

関連記事:1016インダストリーズが、マクラーレン「570S」をカスタム。「P1」を踏襲しアグレッシブな顔つきに

アメリカ・マイアミにて拠点を置くチューナーの1016インダストリーズが、マクラーレンのスポーツシリーズ「570S」を激しくカスタム。
基本的なボディカラーとしては、少々濃いめのレッドカラーだと思われますが、ありとあらゆるポイントにカーボンを使用し、更にはアグレッシブな表情へと大きく攻撃的な個体へと変化していることが確認できますね。

ちなみに、今回の1016インダストリーズが公開したパッケージは、マクラーレンのレーシング仕様でありハイエンドモデルの「P1 GTR」と「570 GT4」を織り交ぜたかのようなキットになっているとのこと。

その中でも、
 ・カーボン製リヤウィング(ウィングのピッチ調整可)の装着により、ダウンフォースの強化
 ・最大限までフロントアクスルをローダウン
 ・フェンダー付近のルーバーの改良
 ・アルティメットモデル「P1」のフードをモチーフに、アクティブエアダクトも採用
 ・キットは全てカーボンファイバ製となっており、「570S」だけでなく「570GT/540C」にも適用可能
 ・ECUのアップグレードも可能
設定され、価格は不明ながらも非常に豪華であり、且つ攻撃的なデザインを持つ特別な「570S」になりそうですね。

関連記事:Priorデザインがマクラーレン「570S」専用エアロキットを公開。かなり派手なレーシング仕様に

マクラーレンを始め、メルセデスベンツAMG等を主に手掛けるチューナーのPriorデザイン社が、マクラーレンのスーパーシリーズ「570S」専用エアロキット「PD1エアロキット」を公開しました。
※PD・・・Prior Designの略

今回Priorデザインが公開したエアロキットには、デュアルスポークカスタムホイールのセットと専用スポーツサスペンションを装着し、それに合わせてディテール部にオレンジのアクセントを加えたカーボンファイバー製のエアロキット(フロントスポイラー、サイドスカート、リヤディフューザー)も装着されています。

もちろん、このエアロキットには、サイドブレードやフェンダーアタッチメント、リヤウィング、ルーフスクープ用エアインテークもセットとなっており、非常にアグレッシブなデザインとなっていますね。

なお、ホイールは前後20インチのPD3CL Forgedカスタムホイールが装着されており、オレンジカラーのブレーキキャリパカバーも非常に味のあるアクセントが加えられています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう