「ラ・フェラーリ・アペルタ」のソフトトップルーフの開け方を紹介する動画が公開。但し、既に日本でもルーフを開ける動画を公開済【動画有】

2020-11-14

フェラーリのスペチアーレモデルの中でも、とにかく購入が困難とされる世界限定209台+1台(チャリティーオークション用)の「ラ・フェラーリ・アペルタ」。

新車価格で約2.5億円というとんでもない金額でありながらも、中古車価格では最低でも5億円は下らず、今回公開している個体も約8.5億円(ボディカラーはロッソコルサ)という価格にて販売しています。

今回、「ラ・フェラーリ・アペルタ」のルーフの開閉の仕方について紹介している動画が公開していますが、同車に設定されるルーフはソフトトップの幌かカーボンファイバ製のハードトップ。

何れも、約400万もする高額オプション(高級車1台購入できるレベル)のため、取り扱いには相当に注意しなければいけない代物ですが、この動画を見てみるとソフトトップの開閉は折り畳みも意外と楽でスムーズに行えそうですね。


ちなみに、ソフトトップルーフは折り畳みを行った後にフロントのボンネットに収納することが可能ですが、カーボンファイバ製のハードトップはそのサイズがあまりにも大きく、折り畳みができないためにボンネット内には収納不可となっています。

ちなみに、上の動画よりも以前(2017年4月10日)に奈良県で毎年開催ている春の神武祭にて登場したイエローカラーの「ラ・フェラーリ・アペルタ」のソフトトップルーフを外しているところも公開済みですね。

なお、以下の動画にて登場する個体は、日本で一番最初に納車しています。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう