ランボルギーニが7,000台目の「アヴェンタドール」と9,000台目の「ウラカン」を生産

2020-05-26

ランボルギーニがこれまで販売してきたエントリーモデルのV型10気筒エンジンを搭載する「ウラカン」(2014年販売スタート)と、フラッグシップモデルのV型12気筒エンジンを搭載する「アヴェンタドール」(2011年販売スタート)が、それぞれ9,000台、7,000台という台数を販売していたことが判明しました。

かつて、ランボルギーニが大成功且つ圧倒的な販売台数を記録したエントリーモデル「ガヤルド」が2003年から2013年の11年間で約14,000台を販売しましたが、恐らくこのスピードを裕に超えているのが後継モデルとなる「ウラカン」となります。


その一方で、2001年から2011年まで販売されたフラッグシップモデル「ムルシエラゴ」は約4,000台を達成したものの、その後継モデルに値する「アヴェンタドール」はたった6年間で7,000台を達成しているため、これらのモデルの販売スピードがいかに驚異的であるかがわかるかと思います。

なお、9,000台目に生産された個体(ウラカン)はBlue Nethunsの「ウラカン・ペルフォルマンテ」でドバイへ、7,000台目に生産された個体(アヴェンタドール)はGrigio Adamasの「アヴェンタドールS・ロードスター」でアメリカのオーナーに納車されます。

Referece:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう