これ凄い。フェラーリ「488GTB」を「FXX K Evo」風にカスタム。カーボン露出のワイドボディ

2020-05-26

主にフェラーリ等のスーパーカーカスタムを手掛けるミーシャデザインが、V8ツインターボ・ミドシップモデルのフェラーリ「488GTB」を過激にカスタム。
「Widebodies488」と名付けられたこちらのカスタム車両(以下は、とりあえず「488GTB」)は、以前発表されたばかりのトラック専用のハードコアモデル「FXX K Evo」をモチーフとしたカーボンファイバパーツむき出し&空力特性重視の一台として登場。
フェラーリといえば、そのシンボルカラーにはイエローやレッドといったイメージが大きいとは思いますが、今回ミーシャデザインは、敢えてサテンライムグリーンのカラーラッピングを施すことで、また一味違ったフェラーリの世界観を演出していますね。

関連記事:フェラーリ「FXX K Evo」が遂に公開。「FXX K」比23%、「ラ・フェラーリ」比75%のダウンフォースを発生


さて、今回公開されている「488GTB」は、リバティーウォーク(LB Performance)のような過激さではなく、スタイリッシュ且つシームレスなワイドボディキットを装着。
このワイドボディキットにより、車幅+150mm大きくなり、更には専用スポーツサスペンションによってローダウン。
フロントデザインは、F1をモチーフとしたフロントノーズと大型ダブルスプリッターカーボンによって過激なフロントエンドを表現。
フロントボンネットにはカーボンファイバパーツを使用することで、ボディカラーとのツートン化だけでなく、メリハリも追加しています。

リヤデザインも確認していきましょう。
路面ギリギリまで攻め込んだリヤディフューザーに、ルーフとほぼフラットとなる巨大リヤウィングを装備。
サイドスカートもむき出しカーボンファイバパーツを装着することで、公道向けではなく完璧なトラック仕様へとシフトしていますね(この辺りも「FXX K Evo」を意識)。

ホイールは、カスタムタイプのSavini製で、フロント20インチ、リヤ21インチの異径ホイールを装着。
フロントとリヤのインセット幅が大きく異なり、特にリヤホイールとリヤクォーターパネルとのツライチ具合は神ってますね(表現が古い)。

なお、このカスタムボディキットは、世界限定20セットのみ販売。
先日のSEMAショー2017でも公開された1台となりますが、既に10件のオーダーがあるとのことで、非常に人気の高いカスタムとなっています。

【関連記事】
ヤバイカッコよすぎる。ミーシャデザインがフェラーリ「488GTB」専用コンプリート・ワイドボディキットを発表
ミーシャデザインがフェラーリ「488GTB」専用ボディキットを発売。意外と良心的な180万円から

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう