これ覚えてる?パガーニ「ゾンダ」をオブジェにしたクレイジーオーナーの部屋が追加公開

2020-05-26

この「ゾンダ・レヴォリューション」覚えてる?

以前、アルゼンチン・ブエノスアイレス州出身で、カテゴリア・プリメーラA・オンセ・カルダス所属のパトリシオ・パブロ・ペレス選手が、自身の所有するパガーニの限定モデル「ゾンダ・レヴォリューション(Zonda Revolution)」のフルカーボンボディのみをリビングルームに横向け(アルミとカーボンファイバスタンド)にて吊し上げたオブジェ画像を公開。
見た目はそのまんま「ゾンダ・レヴォリューション」ですが、中のエンジンやオイル関連は全て取り除かれているため非常に軽量となっていてオイル漏れの心配はありません。


「ゾンダ・レヴォリューション」は、2012年に公開された「ゾンダR・エヴォ」をベースとした特別モデルで、生産台数は僅か5台のみと超希少。
パワートレインは、AMG製M120型のV型12気筒エンジンを搭載し、最高出力800psを発揮します。
このモデルには、ドラッグリダクションシステム(DRS)と呼ばれる空気抵抗による抗力を低減するシステムが搭載されており、日本円では約3億円となります。

「ゾンダ」の向こう側には?

ちなみに、この自宅の中にあるオブジェタイプの「ゾンダ」は、縦方向にスライドし収納することも可能で、その向こうにはベッドスペースが確保されています。
ソファに座って「ゾンダ」を眺めることができ、ベッドで横になりながら「ゾンダ」のお腹を堪能できるとはあまりにも贅沢すぎますね。非常に羨ましい。

ちなみに、手前側には大きな窓が設けられ、テラスで海の景色を眺めることも可能。
ブラックのカーボンで仕上げられた「ゾンダ」と美しいブルーの「海」とのコラボレーション。これまでに無かった組合わせですし、テレビ見るよりもこの2つをずっと眺めていたい。

パトリシオ・パブロ・ペレス選手といえば、(しっかりエンジン搭載の)「ウアイラBC/ゾンダ・レヴォリューション”ブラック・ミニオン”」を所有する程のパガーニ好きで、今後は「ウアイラ・ロードスター」も納車する予定となっています。

There is a lot of talk about the Zonda that I have in my house. First of all, it’s not my Zonda Revolution Black Minion. This is just a work of art. Structurally will never be able to receive an engine or the entire mechanical part. I would never condemn Black Minion to being locked in a living room. Race cars are for driving 😈🌚. Se hablo mucho del Zonda que tengo en mi casa . Primero que todo, no es mi Zonda Revolucion Black Minion . Esto es solamente una obra de arte. Estructuralmente jamas va a poder recibir un motor o toda la parte mecanica . Jamas condenaria a Black Minion a estar encerrado en un living. Los autos de carrera son para manejar😈🌚. #darkminion #blackminion #pagani #carbonfiber #rideordie #miami #paganizonda #zondar

Pablo Perez Compancさん(@pperezc)がシェアした投稿 –

☆★☆スーパーカー・アート関連記事2選はコチラ!☆★☆

これマジか。世界限定5台のパガーニ「ゾンダ・レヴォリューション」をリビングに吊るしてみた(2018/4/28投稿)
アートフェア東京にて、スプツニ子!とコラボしたランボルギーニ「ウラカンRWD・スパイダー」のアートカーが展示(2017/3/21投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう