シボレー「コルベットC8」がデトロイトMS2019にて出展しない理由は電気系統の問題だった。しかもかなり深刻な状態に

2020-05-27

スポンサーリンク

「コルベットC8」の開発が遅れている理由が発覚

以前、シボレーの次世代ミドシップスーパースポーツ「コルベットC8」が未だ開発が終わっていないとのことで、2019年1月開催のアメリカ・デトロイトモーターショー2019にて出展しないことを発表しましたが、具体的には電気的な問題で発表が約6か月程遅れる可能性が高いとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

電気系統の問題は相当に深刻化

ソース元の情報によれば、開発プロセス中にエンジニアがミドシップエンジンの電気的な部分に深刻な問題があることに気づき、現段階では即刻対処できるものではなく開発期間を延長せざるを得ない状況にあり、こうした予期しない問題を解決する唯一の方法には電気システムを再設計する必要があると説明しました。

そして、この電気システムを再設計することによるレイアウト関係の再提案が必要等、一カ所の変更からあらゆる面で変更が必要になってくるため、これによる再開発期間にはどうしても約6か月かかるとのことなので、もしかすると今後も更なる問題が追加で表れ、実質的に半年以上の再設計期間を要することになるかもしれません。

折角ここ最近になってキーフォブやエンジンカバー等の具体的なパーツ関係のリークが起き、1月のデトロイトモーターショウ―2019に向けてカウントダウンが進んでいたかと思いきや、ユーザーの期待を大きく裏切る結果となってしまいましたね。

【2020 Corvette C8 Walkaround】

☆★☆「コルベットC8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう