メルセデスベンツAMG「GT Rロードスター」が遂にデビューへ。クーペとほぼ同じ性能を持つ最強のオープンモデルに

2020-05-27

遂に「GT Rロードスター」がジュネーブデビューへ

3月5日より開催されるスイス・ジュネーブモーターショー2019にて、メルセデスベンツAMGのトップレンジオープンモデル「GT Rロードスター」がデビューすることがわかりました。

今回公開される個体は、3年前に発売された「GT Rクーペ」をベースにしたもので、トップルーフはハード式ではなくファブリックのソフトトップを採用し、更には電気的に格納が可能なシステムを導入していることからクーペよりも若干車体重量が増加します。

ただ、車体重量がアップしたとしても、「GT Rロードスター」はクーペとほぼ同じような性能を持つと言われています。


限定750台のみ、価格は1,800万円だがプレミア度は間違いなく高い

パワートレインについては、クーペ同様に排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力577hp/最大トルク700Nmを発揮。
トランスミッションは、7速デュアルクラッチを搭載するとのことですが、1速から2速への切替えスパンを敢えて長くし、それ以降の変速は恐ろしく早くなっているとのこと。

駆動方式については、後輪操舵システムを搭載することで、より軽快でコーナリング時の俊敏性やロール感を無くした安定度抜群の一台になると言われています。
なお、今回発表される「GT Rロードスター」では、特別にマットグレー仕上げのペイントカラーもラインナップし、更には2種類カーボンファイバパッケージを準備。

販売台数は世界750台と限定され、価格帯としてはアメリカ価格で約1,800万円からになると言われています。
限定販売ということもあるため、間違いなくプレミア度は向上すると思いますし即完売も十分に考えられるでしょうね。

☆★☆「GT R」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう