ホンダ製直4&500馬力のビースト。アメリカにて”ドアが前にスライドする”レズヴァニ「ビースト・アルファ・エックス」が登場【動画有】

2020-05-27

~アメリカにて戦闘機のスーパースポーツモデルが登場。これは一体なに?~

アメリカ・ニューポートビーチにて、これまでで見たことの無いスーパースポーツモデルが登場。
こちらの個体、アメリカのレズヴァニと呼ばれる新興メーカが生み出したミドシップ・ツーシータースポーツモデル「ビースト・アルファ・エックス(Beast Alpha X)」で、タルガトップ並びにロータス製シャシーを採用した究極の一台となります。


~エンジンはホンダ製直4エンジン&500馬力のライトウェイトスポーツカー~

これだけの過激なデザインに加えて、アメリカ製ということでエンジンも大排気量なのかと思いきや、パワートレインはまさかの排気量2.4L ホンダ製直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力は500hp発揮するとのこと。

なお、この個体の公称車両重量は880kgとかなり軽量(パワーウェイトレシオ比は1.76kg/hpとハイパーカー並みに優秀)で、直線性のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間は3.2秒、最高速度は281km/hにまで到達します。

~ドアはこれまでに無い”ワイドワインダー・ドア”を採用~

なお、今回目撃された個体では確認できていませんが、「ビースト・アルファ・エックス」の一番の特徴が、前にスライドする「サイドワインダー・ドア」で、こちらは既に特許取得済みとなっています。

なお、このモデルを更に過激に仕上げたのが「ビースト・アルファ・エックス・ブラックバード」で、マッハ3を超える当時の最速モデルとなる航空機「SR-71ブラックバード」からインスピレーションを受けたロードスターモデル。

この「ビースト・アルファ・エックス・ブラックバード」のパワートレインは、従来「ビースト・アルファ・エックス」と変わらずの排気量2.5L ホンダ製直列4気筒ターボチャージャーを搭載しますが、更なるエンジンチューニングにより最高出力700hpを発揮。

生産台数は世界限定僅か5台、車両本体価格は約2,500万円からとなっています。
ちなみに、5台の内一番最初にオーダーをかけたのが、アメリカの総合格闘家で元UFC世界ライトヘビー級王者にも輝いたクイントン・ランペイジ・ジャクソン(39)選手となります。

【Rezvani Beast Alpha Sidewinder doors】

☆★☆関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう