欧州のトヨタ新型「グランエース/ハイエース」になれるか?フォルクスワーゲン新型「トランスポーターT7」の開発車両が登場

2020-05-27

~これがフォルクスワーゲンを代表する商用バン?~

以前、フォルクスワーゲンの商用ワンボックス&キャンピングカーモデル・新型「T6シリーズ」が世界初公開されましたが、今回は更に上位グレードで電動化並びに自動運転技術を採用する可能性のあるフラッグシップ商用(ワンボックス)ミニバンタイプ「トランスポーターT7(Volkswagen Transporter T7)」の開発車両が目撃されています。

今回目撃されている新型「T7」ですが、外観として「T6」に似たワンボックスボディですが、プラットフォームも全く新しいものが採用されるということで、先日トヨタが発表した新型「グランエース」を競合とするような上品でアグレッシブな一台となることが期待されます。


~プラットフォームの一新でエンジンラインナップも更に強化へ~

なお、今回の開発車両はかなりカモフラージュラッピングが分厚く施されているので、具体的なデザインはわからないものの、前回公開されたレンダリング画像に似たグリルから延長されるような形でフロントヘッドライトが搭載される可能性が高そうです。

そのほか、Aピラーに三角窓が設けられる可能性が高く、フロントの視界だけでなく斜めの視界も非常に充実したものになると思われます。

その一方でリヤウィンドウは想像以上にコンパクトで、後方視界については少し見にくい可能性が高そう。
リヤテールランプのデザイン性の関係かはわからないものの、まだまだ改善の余地はあるのではないかと思いますね。

そして気になるプラットフォームについては、MQBプラットフォームを採用することとなり、前輪駆動(FWD)と四輪駆動(AWD)の2種類がラインナップされ、更にはスタンダードタイプとロングホイールベースタイプの2種類から選択が可能となり、先述の通りハイブリッドエンジンのラインナップも期待されています。

もちろん、ガソリンエンジンモデルやディーゼルエンジンモデルも入手できるものと思われますが、この辺りの選択幅の広さは、トヨタ新型「グランエース/ハイエース」には無いところなので、ある意味大きな強みになるのではないかと思っています。

☆★☆キャンピングカー関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう