ライバルは新型「RAV4/エクストレイル/CR-V/CX-5」といった主要SUV!フルモデルチェンジ版・フォード新型「”ベイビー”ブロンコ」のリーク画像も含め最新情報をおさらいしてみよう

2020-05-27

~新型「ベイビー・ブロンコ」の新たな情報が続々~

フォード「ブロンコ」のコンパクトSUV仕様となるフルモデルチェンジ版・新型「ベイビー・ブロンコ(Ford Baby Bronco)」が、2021年に登場する計画があるとのこと。

オフロードSUVという系統で販売を予定している新型「ベイビー・ブロンコ」ですが、その丸っこいボディラインとフロントマスクはどことなくランドローバー新型「ディフェンダー」のような愛くるしい表情を持ち、丸形のフロントLEDデイタイムランニングライトやヘッドライトはメルセデスベンツ「Gクラス」を想起させるものがありますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~実は何度か画像がリークしていた新型「ベイビー・ブロンコ」~

ちなみにこちらが新型「ベイビー・ブロンコ」のリーク画像。
おそらくフォードの特別プレゼンテーションにて撮影されたものだと思いますが、オレンジとホワイトの2トーンカラーやボディ形状を見る限り、スズキ新型「ハスラー」に似ていますね。

もう少し拡大してみるとこんな感じ。
ボディサイズとしては、国産のミドルサイズSUVに相当すると思われ、競合モデルとしては、トヨタ新型「RAV4」やジープ「チェロキー」、シボレー「エクイノックス」、日産の新型「エクストレイル(海外名:ローグ)」、スバル「フォレスター」、ホンダ「CR-V」、そしてマツダ「CX-5」等が挙げられます。

こちらは真正面のリーク画像。
フロントヘッドライトはプロジェクタ式ではなく、水平基調の細いLEDライトが搭載されています。
フロントロアバンパーのデザインが確認しづらいものの、プラスチック製のホイールアーチモールディングとオフロードプロテクト用のロアドアクラッディングとリンクしているそうですが、このあたりは実車をみてみないとわからないところ。

~エンジンは大きく3種類をラインナップ予定~

こちらの方が少しわかりやすくなっていますかね。
ロアバンパーあたりはほぼほぼプロテクタ用のプラスチックを使用している感じです。

ちなみにプラットフォームに関しては、「エスケープ/フォーカス/リンカーン・Corsair」と同じC2アーキテクチャを採用しているそうで、これはフォルクスワーゲンのMQBアーキテクチャに相当する、よりコストを削減しながらも品質を高めた理想形になっているそうです。

パワートレインについては、排気量1.5L 直列3気筒ターボチャージャーエンジン(最高出力180hp)や、排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジン(最高出力250hp)、排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モータを組み合わせたハイブリッド(システム総出力198hp)とプラグインハイブリッド(システム総出力1009hp)がラインナップ予定となっています。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう