フルモデルチェンジ版・2020年モデルのホンダ・新型「フィット4(FIT4)」がリーク?!ホンダらしくない全く新しいデザイン言語でコンパクトカー市場を独占?

~これが新型「フィット4」のフロントデザインなのか?!~

以前より度々目撃されているホンダの2020年モデルとなるフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(FIT4)」の開発車両ですが、今回遂にカモフラージュ一切無しとなる謎の画像がリーク?しています。
レンダリング画像の可能性が非常に高いとも言われているこのイメージ画像ですが、その真偽については今のところ不明。

今回のフルモデルチェンジにて4代目を迎える新型「フィット」ですが、今年10月に開催される東京モーターショー2019にて出展予定で、外観やインテリア、そして具体的なグレードや価格帯等も明らかになってくるのではないかと予想しています。

今回公開されている画像を確認していくと、そのシャープでアグレッシブなボディラインは、これまでの「フィット」をイメージさせるものがあり、しかしどことなくクロスオーバー(MPV?)風にも見える大きなボディサイズで、初代「フィット」を彷彿させるようなレトロ感もあったり。

ただ、フロントヘッドライトはこれまでのホンダには無かった新しいデザイン意匠で、LEDデイタイムランニングライトは奥行きのあるU字形状に。
その他にも、単眼のLEDヘッドライトや滑らかなフロントガラス、ノーズの短いフロントボンネット、スウェプトバック・ラジエーターグリル、若干日産のVモーショングリルを連想させるようなフロントのメッキ調フレームを採用しています。

スポンサーリンク

~リヤデザインは全く新しいデザイン言語に~

リヤデザインはこんな感じ。
これはかなりホンダらしくない立体感のあるリヤテールランプが採用されていますね。
ちょっとBMW「i8」を意識したかのようなダブルU字のリヤテールに、メッキ調ではなくピアノブラック風のセンターテールゲート、リヤハッチガラスはかなりシャープですが、少し視認性は悪そうに思えますね。

さて、気になる新型「フィット」のパワートレインですが、今回のフルモデルチェンジによりエンジンを更にダウンサイジング&コンパクトにした排気量1.0L 直列3気筒VTECターボエンジンを搭載し、新世代ハイブリッドシステムとなる”i-MMD”と呼ばれるデュアルハイブリッドを組合わせることが期待されています。

なお、ダウンサイジング化したからといって最高出力が低くなるわけではなく、現行のハイブリッドモデルにて発揮する137ps→145psへと若干高くなり、環境性能が向上するだけでなく、走行性能でも大きく向上してくることを考えると非常に大きな進化ではないかと思います。

気になる燃費については、現行の37.2km/L→45km/Lと更に向上し、燃料タンクの容量が現行同様に40Lになるのであれば、満タン法で1,800kmは走行できる計算に。

これに加えてEVモデルもラインナップされる?との噂が浮上していて、航続可能距離が約300kmと、シボレー「ボルト」やテスラ「モデル3」よりスペックは低いものの、電気自動車特有のよりトルクフルな走りを実現できるかもしれません。

☆★☆新型「フィット(FIT)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう