ランボルギーニ「アヴェンタドールS」が雪道をドリフト走行。4WSはかなり安定した走り?【動画有】

2020-05-26

スポンサーリンク

イタリア・アルプスの小さな町(スイスの国境に近いリヴィーニョ)にて、ランボルギーニ「アヴェンタドールS」が全開雪上ドリフトを行う動画が公開に。

どうやら、ランボルギーニ初の4輪操舵(4WS)の走行性能や、最高出力740psのパワー等を確認すべく行われたテスト走行とのことですが、意外にも安定した走りにドライバも驚いています。

スポンサーリンク

ちなみにこのテストプログラムは、ランボルギーニのチーフエンジニアが「アヴェンタドールSV」のときから開始されたもので、アクティブなプッシュロッド・サスペンションがいかなる条件においてもいかんなく発揮できるかを確認するために行われたのだとか。
今回の「アヴェンタドールS」では、SVには無い様々な特性を得たことにより、更なる厳しい試験を繰り返しているとのことで、その品質の信頼性を向上させるためにも雪道でのテスト走行はかなり重要とチーフエンジニアはコメントしていますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう