メルセデスベンツAMG「GT R・ブラックシリーズ」はパワーよりもハンドリング・走行性能を重視。開発も順調に進行中

2020-05-26

スポンサーリンク

以前、メルセデスベンツAMGの上位モデルとなる「GT R」の更なるハイパフォーマンスモデルの開発車両(「GT R・ブラックシリーズ」)を捕捉した記事を公開しましたが、今回AMGのボスであるTobias Moers氏が「AMG GT R・ブラックシリーズは現在開発中であり、基本的には走行性能を重視したモデルとして発表したい」とコメント。

また、同氏は先日より開催中のドイツ・フランクフルトモーターショー2017でのコメントでも「AMG GTのライフサイクルに終わりが見えない限りはブラックシリーズを発表することはできない。ただ、具体的にどういった流れで開発を進めていくべきかは把握しているとのことで、その中には、パワーのみを有する個体を開発するのではなく、ハンドリング性能や走行性能を最大限に発揮する個体を作り上げていく」と意気込みを新たにしている模様。

スポンサーリンク

なお、パワートレインとしては排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンは変わらず、最高出力600ps以上を発揮する可能性があり、通常の「GT R」の585psよりも更にパワフルになり、このパワーアップに加えてエアロ要素の改善が行われ、ちょっとした軽量化もあるかもしれません。

もちろん、これだけの改良で終了する可能性は到底低く、プラットフォームに加えてその他の軽量化、パーツの改良など、手を加えるべき要素が多々あるとのことですが(それだけ「GT R」は完成形には程遠い個体であった?)、現時点ではそれを明らかにすることは不可能とのこと。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう