フェラーリ「F430チャレンジ」のアートカーがオークションに登場。予想落札価格は約1,800万円

2020-05-26

イギリスのポップアーティストであるベン・レヴィ氏がデザインしたフェラーリ「F430チャレンジ」のアートカーがオークションにて登場。
今回デザインされている「F430チャレンジ」アートカーは、2015年にマイアミのアートバーゼルフェスティバルにて、3人のアーティストがデザインした特別仕様となります。


そして、ベースとなる「F430チャレンジ」は「360チャレンジ」の後継モデルで、今回出品の個体は2015年までレースイベントにて活躍した希少な一台となります。

パワートレインは、「F430」をベースとした排気量4.3L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力490ps、最大トルク465Nmを発揮。
ちなみに、エキゾーストシステムやサスペンション、カーボン・セラミック・ブレーキ、ホイール、タイヤ、およびコックピットは全てレーシング仕様にカスタムされています。

なお、予想落札価格は約1,340万円~1,800万円と意外にも高額ではありますが、実際の落札価格は更に高額な2,000万円に到達するかも?とも言われています。

Reference:CARSCOOPS

「F430チャレンジ」は実用車にできる?
関連記事:「レーシングカーを公道仕様にするとロクなことないぞ」と語る動画が話題に【動画有】(2016/11/10投稿)


20160813_1_f430

「F430チャレンジ」を、公道で走らせたら間違いなくダントツで速いと思いますが、その実用性たるや否や、スーパーカー以下という動画が紹介されていますね。

ちなみにこの「F430チャレンジ」、鍵が付いていなければ、乗り降りも非常に難しく、さらには爆音のためうるさすぎて近所迷惑も良いところ。
エアコンもついていなければ、乗り心地も最悪でナビやオーディオもついていない使えない車だ!と紹介していますね。

【I Drove a Ferrari Race Car On the Street, and It Was Horrible】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう