Gパワー(G-Power)がメルセデスベンツAMG「C63S」を過激チューン。800馬力発生で0-100km/h加速時間は3.4秒【動画有】

2020-05-27

G-Powerがまたまたぶっ飛んだカスタムモデルを公開

メルセデスベンツやBMWといった欧州モデルをメインにカスタムを施すチューナのG-Power(Gパワー)が、メルセデスベンツAMG「C63S」を過激チューン。
今回G-Powerが行ったカスタムとしては、ホワイトかカラーベースのAMG「C63S」に、カモフラージュ風ラッピングとパワートレインアップデートを実施しています。


見た目もスーパーカーに引けを取らないド派手仕様

外観のデザインについては、ホワイトとブラック、グレートをカモフラージュ風(っというか迷彩風?)にラッピングし、大きなブーツフードスポイラー、カーボンファイバ製フロントスプリッタを装着。
足元には、20インチのダブル5スポークタイプのハリケーンRR鍛造ホイールと、フロント255/30 ZR20、リヤ285/30 ZR20の高性能タイヤを装着しています。

足回りは特に変更していないとのことですが、明らかにローダウンしている感がひしひしと伝わってくるスタイリング。

エンジンは800馬力、0-100km/h加速は0.6秒も短縮

具体的には、元々搭載される排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンはそのままに、エンジンソフトウェアをG-Power Performance Software V4にアップグレードし、その後は機械的な変更としてCNC加工圧縮機及びタービンホイール、最適化されたコンプレッサハウジング、拡大吸気エリアの一新しているとのこと。

加えて、ハリケーンRRエンジンの変換により、軽量で頑丈な鍛造ピストン、最適化されたマニホールド、高性能の燃料ポンプを採用、更には交流量エアフィルタとステンレス製ダウンパイプを備えた新型吸気システムを搭載することで、最高出力510ps→800ps/最大トルク700Nm→1,000Nmにまで過激チューンアップしました。
これによるパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が4.0→3.4秒、最高時速は290km/h→330km/hにまで到達と、スーパーカー顔負けのスペックを持つ一台へと進化しています。

【G POWER C 63 AMG – 800 PS und 1.000 Nm in der Mittelklasse!】

☆★☆G-Power(Gパワー)関連記事5選はコチラ!☆★☆

GパワーがBMW「X5」を過激カスタム。外付けオーバーフェンダー&顔面大工事でゴリゴリマッチョに(2018/10/9投稿)
Gパワーが何かヤバそうなBMW「M4」にカスタムチューン。最大680馬力発揮で見た目もヤン車風に(2018/10/1投稿)
750馬力発揮のスーパーSUV?!GパワーがBMW「X6M」を過激にカスタム【動画有】(2018/6/10投稿)
GパワーがBMW「M2」をカスタム。+130馬力向上、0-100km/h加速時間は3.9秒(2018/5/9投稿)
GパワーがBMW「M3」をカスタム。約40万円で500馬力チューンやっちゃう?(2018/4/15投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう